読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

感情の解放。

少しばかり整体の勉強をしていたので、身体の不調などにもそれなりに知識がある。もちろんこの知識はまだまだ尊敬している大先生方の足元にも及ばない。

施術による外部からのアプローチで様々な症状が改善される事もやはりあるが、そのもっと根本にあるのが
やはり人の心だと思う。
身体の不調は、心の不調だ。
身体の疲れは、心の疲れだ。
どちらも表裏一体なのだ。

心が変わらなければ身体も変わらない。
湿布を貼ろうが、マッサージに行こうが、病院に行こうが大した変化はあまり見られないと思う。
心も身体もとても正直だから自分の本質からのズレを症状という現象で常にメッセージを送り続ける。

そこに気づくか気づかないかで回復のスピードも変わってくる。

そして、気づいた瞬間に治ることがある。
気づいた瞬間に涙を流し、ポロポロと言葉を漏らす人もいる。
そして、感情の解放が起こる。
涙で解放する人もいれば、怒りで解放する人もいる。その感情がその人の溜め込んでいた解放されなかったエネルギーと言える。
そうする事で自分の内側に溜め込んでいたエネルギーが解放され、自然と身体は整う。

心と身体は連携している。

過去の自分とはもうサヨナラの時期だ。

f:id:moto5513:20170305164953j:image
引き寄せの法則を知り、実践を続けていくと、今までの思考を修正するのに相当な時間がかかると思う。
11月末からコツコツと自分と向き合い続け良い気分をなるべく保ち続けてきた。

あれから4ヶ月ほど経過しただろうか。

毎日が嫌で嫌で仕方がなかった。

f:id:moto5513:20170305165035j:image

何をしていても、嫌な思考が次々と自分を取り囲み、もう限界が近づいていた。
しかし、今はほとんど幻想を見なくなった。

今は自分の思考を意図的に操縦している感覚がある。

そして、現実化のスピードが加速している。

だけどつい、何かが起きると嫌な想像をしてしまったり気分が悪くなってしまうこともあった。

それでも何度も何度も自分の頭の中だけは守り続けてきた。

人に何を言われようと、散々罵倒されようと、バカにされようと、ゴミ屑呼ばわりされ、見下され更に罵倒され続けようと。

何が起きても自分だけは自分の味方でいるようにしてきた。

目の前の現実は無視。
自分の内側を変える。

そう心に決めていた。

自分の内側をただ見つめていると
穏やかだったり、焦っていたり、恐れていたり、嬉しがったり、ワクワクが溢れてきたり、ブラックな感情が湧いてきたりする。

様々な感情に揺られている自分を見てきた。

これが非常に辛い。

生まれてきてから、目の前の現実に反応する事に慣れすぎてしまっているので
出来ない事や、苦手な事、困った事があるとつい、自分で自分のペースを掻き乱してしまう事がよくあった。

出来ないのに出来ると強がってみたり
嫌な気持ちを押し殺して我慢してみたり
苦手な人に愛想笑いをしてみたり
余計な気を使ってみたり

自分のキャパを超えた事を無理してやっていつもキャパオーバーして強制終了。

 

いつもそんな事ばかりだった。

 

強がりで
無駄にプライドが高くて
良い人ぶっていて
出来る振りをして
いつも平気な振りをして
弱い所をいつも隠し
強がって、強がって、強がって。

いつも疲れていた。

強がっていたのは、弱いからだ。

そんな事ずっと前から知っていた。

だけど、辞めることができなかった。

弱いところを見られたら

自分から人が離れていくんじゃないか。

いつもそんな事で悩んでいた。

だけど、今はそんな出来事がほとんど起こらなくなってきている。

自分に向き合い続けると
嫌な人や、苦手な人には思いっきり嫌われるようになった。嫌な事も思いっきり起こるし、嫌な事も思いっきり言われる。
だけど、腐れ縁のようなものは全く続く事がなくなりどんどん自分の周りから姿を消すようになってきた。

そうゆう、今の自分には不要なものがどんどん削ぎ落とされている。

きっとそうゆう人達は
俺が過去に抱いてきた思考を見せてくれているのだと思っている。

まるで、今までの過去の自分を見せられているような気がした。

そして、逆に自分の周りに自分を大切にしてくれる仲間が増えてきたような気がする。

 

 

 

 

ーー今までは、いつも自分は一人だと思っていた。

何をするにしても一人で抱え込んでしまい

悩みを打ち明けたりする事が出来ずにいた。

だけど

いつの日からか

自分を変える!

自分は変わる!

本当の自分に戻る!

と心に決めた。

その日から自分を大切にしてくれる仲間がどんどん増え続けている。

嫌だという感情も抑える事は以前よりもかなり減ってきた。

好きなものは好き。
嫌いなものは嫌い。

以前よりも、光と闇のコントラストがハッキリしてきた。

何故か不調続きで、立て続けに大変な事ばかりが起こることもあった。

だけど、それも全部過去に自分が創り上げてきた思考だと気づいた。

今までは必要だったけどもう、いらない。

過去の自分とはもうサヨナラの時期だ。

これから自分の、自分だけの世界を創る。

f:id:moto5513:20170305165151j:image


そう決めている。

思考は、数分後に現実化する。

===========================
強い感情を伴う思考は必ず現実化する。
〜エイブラハム〜
===========================

これ、まじだなぁとつくづく思う。

 

最近、好き嫌いが超ハッキリしてきて、エネルギー的に合わない人と同じ空間にいるだけで顔がカーッと熱くなったり、呼吸が苦しくなるようになってきた。
身体の拒絶反応っぷりが凄い。

 

いま、配達の仕事をしているんだけど

今日からほんのちょっと新しい業種に変わったこともあり朝から研修を受ける事になった。

 

配達の仕事なので、1台の車に3人で乗り込み、仕事の内容を研修受けた。


一緒に配達に行って仕事を教えてもらいながら数件の配達をして回るといった内容。


内容的には、まあ軽い仕事なのでそれほどキツくもないのだけど


車内では、話を聞いていてもクソつまらん話題ばかりで

かなり失礼かもだけど
声と顔が、なんか生理的に無理で(失礼)

自分の中で苦手とするワードも次々と出てきて
「仕事は我慢」とか
「クレーム対応しないために」とか
「頑張る」とか
「効率の良さ」とか
「将来やりたい事はある?」
とか何かやらなければいけないような考えの押し付けのように聞こえてしまい

 

とりあえず話をしてても

生理的に受け付けられないので話が全く弾まず

愛想笑いとかも全くせず(基本興味ない話にはクスリともしない)

返事もロクにせず(シカトに近い。笑)

頷きもせず(エネルギーの無駄)

無反応でほぼ、無言でいたら

 

車内は気まずい雰囲気になってしまい
あちらも微妙に機嫌が悪くなってしまった。

 

だけど、どうしても無理で。なんかつまらんし、暗い真面目な話ばかりで窮屈だし

無理に愛想笑いしてぎこちない会話を続ける気力もなく

そんな感じで3時間ほどその人と同じ空間にいた。

だけど、2時間半くらい経過した頃から

「あー無理」「あーもう無理」
「やっぱマジで嫌だ!!!!」
「マジで無理ーー!!!」

ぬぁぁああああーーー??!!

という自分の中に強烈な感情が出てきた。(制御不能)

 


感情を100%出し切ったからか
あぁー!!もう嫌だけど、もういいか。現実は変わらんしな。と諦めた。
↑(ここで何故かホッとする。)


で、一つ目の研修を終えて違う仕事をする為に一度営業所に戻った。

 

すると

ーー数分後、一緒に行動しなきゃいけなかったはずが、何故か別行動になり同じ空間にいる必要がなくなった。

 

まさかの別行動。

 

しかも、自分からは何も言っていない。

やった事といえば強く思っただけ。

「マジで嫌だ!!!」って。
感情を抑えなかっただけ。

しかもその後、俺は一人行動だからめっちゃ自由になった。笑。研修なのに。笑
チョー楽しかった。

感情を出し切ったからか、仕事が終わった後にその人から電話がかかってきて何故かめちゃくちゃ優しい対応にがらりと変わっていて、仕事内容もめちゃくちゃ細かく分かりやすく教えてくれて、なんか嬉しくなってしまったので、その人に対する苦手意識も何故か消えてしまった。

むしろ、めっちゃいい奴やん!と自分の気持ちもガラリと変わっていた。


だけど、何故この感情が数分後に現実化したのかを少し考えてみようと思う。


まずはエイブラハムのこの言葉。
===========================
強い感情を伴う思考は必ず現実化する。
〜エイブラハム〜
===========================

この言葉を聞いても今まで現実化した試しがなかったのであまり本を読んでもピンと来なかった。そもそも、気づいてないだけかもしれないけど。

 

で、「強い感情を伴う思考」
ってのは、生きてれば色々出るタイミングがあると思うんだけど、
何故今回のこの件が数分後に現実化したのか?

おそらく、無抵抗だったから。

強い感情が出てきたら、抑えずにまずは出す。出しきる事。これは怒鳴りつけるとかではなく自分の中にある感情を思いっきり見る。という事。

だけど、この時はウルトラ胸くそ悪く感じる。

もう、その時は生理的に無理で身体にも強い拒絶反応が出ていたために自分の本能から強い感情が勝手に出てきた。もう抑える必要もなかったので自分の中に「嫌だ!」という100%の強い感情が芽生えた。

だけど、その後諦めてこう思った。

「まぁ、現実は変わらんしなぁ。」
ここでホッとする。

すると

数分後その人と離れる事になり
晴れて自由の身になり
ソコソコ仕事も楽しみながら

そのあとは嫌な感情も消えてその人のイメージがガラリと変わっていた。

むしろ、めちゃくちゃいい人やん!ってまで今は変わってしまった。


だからまずは違和感を感じたらその感情を抑えない事。

周りにぶつけなくてもいいから100%出しきる事。感じ切ること。

すると、自分の怒りの感情が緩み
ホッとして自分の波動がソースエネルギーの近くまでググッと近づく。

すると、問題が解決する波動にガラリと変わる。

そうすると現実がガラリと変わる。
(しかも数分後。笑)

まぁこんな些細な事だけど、思考が数分後に現実化した体験談でした。

ほんとに思考は現実化します。

 

自分が自分に注目するほど、世界は自分に注目する。

自分が自分に注目するほど、世界は自分に注目する。

全部、自分がわかってる。

f:id:moto5513:20170303193616j:image

自分の状態をいい気分に保ち、満たし続けると、自分という存在の器から外へ拡大が始まる。

去年の11月末ころから自分の状態をできる範囲で、できる限りいい気分に保ち続けてきた。
自分にも悩みや考え事も、もちろんある。しかし、それよりも、最近は他人の役に立ちたいという気持ちが芽生えてきた。

去年は、自分の事でいっぱいいっぱいで、人と話す事や、人の目に自分が映る事を少し苦痛に感じていた。だけど、自分を満たし続けていたら、自分の悩みはもちろんあるけれど、なんか人の悩みも聞いて見たいなぁと思うようになった。

悩みを打ち明けたりするのは、多分お互い相手を見て話すのだと思うけれど、普通のただの雑談から、なぜか悩みを相談される機会がここ最近やたら増えてきた。理由は不明です。笑

俺が思うに、悩みというものは実体のない幻想だと思っている。
だけど、多くの人がその悩んでいる状態を漠然と捉えていて、ハッキリと直視していないから悩みという状態で苦しんでいるのだと思う。俺もそうゆう事がよくあるから分かります。

もちろん、人それぞれに悩みの内容は違うのだけれど、共通して言える事がある。

それは、全部自分が本当は分かっている。という事。

悩みという実体の無いものを漠然と捉えているから、理論的にその悩みを捉える事が出来ない。別に悩みを悩みとして捉えなければいい話にもなってくるけど、一つの悩みに対して訳のわからないぐちゃぐちゃな思考がくっ付いていたりするから、自分でも訳がわからなくなり悩んでしまうのだと思う。

そして、その悩みというのは大概は、溜め込んでいるから苦しく感じてしまうのであって、だいたいは人に聞いてもらったり、なんらかの形で外にだしてしまえはかなりスッキリする事が多い。

言えれば、癒える。

最近は、人の悩みを聞く事が一つの趣味になってきました(笑)

人間って、オモロイ(*´ω`*)

敵は、どこにもいない。

人は、多くの幻想を見てしまう。


これは、幼い頃からずっと刷り込まれてきた一つの考え方が自分の中に残っているだけに過ぎない。

今までの思考の癖なのでしょうがない事もあるが、その癖があまりに強烈にできているためにいつもの思考パターンにはまり抜け出せなくなってしまう人が多いのかもしれない。

 

しかし最近、ある事に気づいた。

敵は、どこにもいない。という事。

自分が抱く幻想を相手に投影してしまい思わず警戒してしまい心を開くことが出来ず一人で抱え込んでしまい苦しくなってしまう事もよくあると思う。

しかし、敵はどこにもいない。

敵だと思っていた相手は、自分なのだ。

だけど、人は、優しい。

そして、みんな優しい。

だから、大丈夫。

だから、敵はどこにもいない。

だから、大丈夫だよ。

本当の優先順位。

一番大切だと思っていた優先順位を最下位まで下げてみる。すると、本当の優先順位が見えてくる。