そのままの自分でいる事。

昔からどうもカッコつける事が出来ない。外見だけの美人とか、金持ちとか、やたら綺麗なお店とか、中身のない会話とか、見え見えの嘘とか、ありきたりな敬語とか、愛想笑いとか、 そうゆう人とか、場所に遭遇すると、途端に息が詰まる。そんな事を最近思い出…

人が集まる空気を作る。

冬が近い。乾燥肌の私の右手が見事にささくれて来ている。自慢のバセリンを塗りたくっているのだが全く効果がない。しかし塗っている。 さて。 シェアハウスに住んで2年目に入った。さまざまな人が出たり入ったりを繰り返している。何故かは分からないが、男…

人見知りを克服しないで克服する

昔から、極度の人見知りだった。 知らない人と会うと、カチンと固まり会話をする事が出来なくて悩んだ事もあった。 ある日から、人見知りである事を肯定するようになった。 すると、脳の神経回路が変わるのだろうか。人見知りである事がプラスに働くようにな…

コンプレックスを肯定する。

非常に手先が不器用で極度に悩んでいた時期があった。 周りの人が普通にできる事が三倍くらい繰り返しやらないと全く出来なかった。 だから、自分なりに、不器用でもできるシンプルな方法とかをめっちゃ考えるようになった。 それを周りの人に教えたりしたら…

自分の持ち味。

昔からあまり万能なタイプではなかったので、ある日から出来ないことにフォーカスせずにできる事を前面に出そうと決めた。 自分の持ち味は、タフとか、継続とか、割と空気読めるとか、酒好きとか、割と融通効くとか、基本ヒマとか、そんな感じ。 タフだから…

運気を一瞬で上げる方法。

言いたい事を言えずに我慢していると、自分の身体が沸騰したように熱くなることがある。人の思考は強力なエネルギーなので、溜め込むと自分にダメージを与えることになる。そんな時、私は、自分がイライラしている事に気付いたら、場所を見計らって叫ぶこと…

個展を開いてみようと思ふ。

週刊ロジーというフェイスブックページを一週間に一度くらいのペースで更新しています。 【週刊ロジー】 https://m.facebook.com/shukanroji/ 個人的な目標として、これらの写真を使って写真集を作るのと、個展を開いてみたいと前々から思っていました。 以…

隅田川花火大会。

隅田川花火大会を見た。実を言うと、全く花火を見に行こうと思っておらず場の雰囲気から突然花火を見に行くことになった。 そういや今日花火か。花火ですね。二万発らしいよ。まじで?雨だから中止じゃね?いや、やるっしょ。やるかな?やるっしょ!行く?行…

人生の転機。

ふと、人生の転機について調べてみた。人生の転機が訪れるとき何が起こるのか?こんな事が書いてあった。私自身の持論も交えて書いていこうと思う。 1.今まで興味があった事に興味がなくなる。 これは、あぁなるほど!と思った。人は、日々成長している。太…

力を抜く。

最近は、力を抜く。という事についてよく考えている。 例えば、重たい物を持ち上げるときに手と腕に力を入れて持ち上げて見ると、なぜか疲れる。これは、腕の力しか使っていないからだ。 逆に、手と腕の力を抜いて、ダラーっとしながら身体全体で持ち上げる…

三丁目の写真展。

以前から気になっていた原宿の個展に行ってきました。たまたまFacebookで見つけた「3丁目の写真展」というキャッチコピーに惹かれ、身体の調子が悪いにもかかわらず行ってきました。(夏風邪) 千代田線に乗って風邪を誤魔化しながらもなんとか明治神宮前に着…

いいから、自分の中をグルグル廻れよ!〜突然湧いてきた声〜

人生の意味はなくてもいいよ。あってもいいよ。 ただ、意味を求め過ぎて自分を縛っちゃダメだよ。 神の声なんて聞こえなくてもいいんだ。 人から好かれようとしなくてもいい。 やりたい事が見つからなくてもいいよ。 疲れててもいい。 なんのために生きてる…

私が見つけた東京の楽しみ方。

東京に来て、一年がたった。東北の田舎育ちの私は、東京に対するイメージが渋谷新宿六本木麻布銀座などの高層ビル高級感が漂うイメージで、幼い頃から遠くにある憧れ的な場所だった。しかし、いざ、行くとなるとなんだか物価は高そうだし、空気は淀んでいそ…

遠くに行きたい願望強め。(台湾、猿島、三宅島)

台湾、猿島、三宅島に行きたい行きたいとかなりダベっている。行きたい理由は特にないが、なんか行ってみたい的な軽いノリだ。 私は常に、 「台湾行く。台湾行く。」「台湾行きたい。台湾行きたい。」「いや、台湾行くっす。いや、台湾行くっす。」と、かな…

人生をいじくり回してはいけない。

最近、かなり疲れを感じていた。仕事が肉体労働な事もあり、それなりに体力は付いたが疲労感がいつも抜けなかった。今週の土日は完全休養をしている。ほぼ、何もしていない。 肉体的な疲労は、精神的な疲労にも繋がる。逆も然りだ。最近、何故かあれをやらな…

まずはやってみること。

今日何故か早朝の四時頃に目が覚めた。とりあえずタバコを吸いに行こうとすると、リビングにシェアハウスの友人が座っていた。 暇だからシャドーボクシング。 彼の名前は名田さんという。彼は、昨日の夜中に無性にシャドーボクシングがやりたくなり、屋上で…

意味を求め過ぎると疲れてしまう。

近所に図書館ができた。ここは5階のテラス席で、とてもいい場所だと思っている。最近疲れがたまっていて今日はひたすらに寝ていた。何もしない贅沢を最近は楽しんでいる。 なにもしない贅沢。 今までは休みの日には何かしなければ!的な妙な義務感があり、休…

【6/11(日)】浅草橋練り歩き散歩ツアー。

いつの間にか趣味が散歩になりました。そんな私が練り歩きを続ける中で特にオススメの浅草橋を一緒に散歩しましょう。 駅を降りた途端に浅草橋のヤバさが分かる人には分かります。まず一発目に浅草橋駅前のオススメの鯛焼き屋をご案内します。浅草橋から見え…

影のある存在。

私は昔からちょっと影のあるような存在に惹かれるという癖があります。高すぎるテンションや、いつも元気で爽やかという人よりもちょっと元気がないような影のある人を好みます。 路地裏好きの人間の共通点は、「眺めるのが好き」という点です。 「眺める」…

天王祭

6/3〜6/4は素盞雄(スサノオ)神社で天王祭が開催されます。私が東京に来て初めて見た祭りがこの祭りでした。あまりの物凄い迫力に圧倒されて言葉を失ったことを今でも鮮明に覚えています。 これは、調べてみると「神輿振り」という伝統行事のようで、担いでい…

祭り

東京に来て、一番感動したのが下町の祭りです。私は東北出身なのですが幼い頃からそれほど祭りが盛んなわけではなくあまり思い入れもありませんでした。 祭りの時期になれば法被を着るわけでもなく、神輿を担ぐわけでもなく、太鼓を叩く訳でもない。祭りが楽…

ありのままの姿。

路地裏の魅力に気づいたきっかけは散歩です。 東京に来てから様々な街を練り歩いている時期があり、休みの日はひたすら歩いていました。疲れ果てて歩いて帰って来たらそのまま寝落ちするという意味不明な行動を取っており何故こんなに歩いているのか自分でも…

【週刊ロジー】撮影時の雰囲気。

週刊ロジーは、私とカメラマン2人で構成されています。主な活動は、路地裏、古民家、商店街などでのポートレート撮影を行なっています。 2人ともカメラに関する知識は全くなく、私はカメラすら持っていません。しかも、カメラマンのカメラはよそからの借り物…

路地猫。

ポートレート撮影ご希望の方は以下内容を明記の上、LINE@までお問い合わせをお願い致します。 ご登録はこちらから↓ 【週刊ロジーLINE@】https://line.me/R/ti/p/@inq4596c ・氏名 ・年齢 ・住所 ・電話番号 ・職業 ・身長 ・好きな服装 ・撮影経験の有無・面…

【週刊ロジー】寝坊とか遅刻とか忘れ物とかを余裕でしてしまうスーパー天才モデル募集中。

週刊ロジーでは、【様々な事がちゃんと出来ないモデル】を募集しています。 普通の感覚だと、ちゃんと色々出来た方がいいような気がすると思います。 前回、一度だけモデルさんにご協力を頂きポートレート撮影をしました。撮影の最中に、とんでもなく透明感…

谷中ポートレート。一眼レフver.

【週刊ロジー】 https://m.facebook.com/shukanroji/ **************************** 佐藤忍賢(Motokatsu Sato)【メール】moto55135@icloud.com【LINE】motomotokatsu【Facebook】 https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code…

【週刊ロジー】様々な事がちゃんと出来ないモデル募集中。

週刊ロジーでは以下の項目に当てはまる人をモデルで募集中です。 ・頭が空っぽになってしまう人・魂が抜けてしまう人・フリーズしてしまう人・よく、電車を寝過ごしてしまう人・よく、何考えてるかよく分からない人だね。と言われる人・説明が異常に下手な人…

オススメのお店【のんびり屋】

台東区谷中にある、のんびり屋という古民家をリフォームした喫茶店居酒屋が、自分の中でどんハマりです。 店の手前には雰囲気のあるテーブルがいくつか並んでいて、そのちょっと奥に寒い時期にはコタツとオンボロテレビがあり、さらにその奥には畳の部屋があ…

【週刊ロジー 】カメラマンの紹介。

東京に来て、特にやることも見当たらなかったので訳も分からずに通りがかりの街並みをテキトーに撮り続けていたら「週刊ロジー」という週刊誌的な物を出版できたらいいなぁと突然思い立ち、出版の「し」も出ていない段階から、先走って週刊ロジーという名のF…

【週刊ロジー】Weekly Roji

ずいぶん前から、訳も分からずに写真をよく撮るようになった。光や影のコントラストがとても綺麗で自己満ではありましたがずいぶんと撮影をしていました。 このなんと表現したらいいのか分からない小汚い感じが個人的に何故か好きで、通りがかりの路地や古民…