読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

スピリチュアルとか、趣味とか、日常。

人間は、動きを止めなければ、どこへでも行ける。

今月、突然の東京への移住が決まったのでとりあえずキャリーバッグを購入した。仙台駅前のLOFTで16200円だった。 引っ越しをすると言っても、仕事を決めているわけでもどこに住むのかも何も決めていない。かなり無防備な行動だが、まぁなんとかなるんじゃね?とちょっと思っている。

私は、今まで思い切った行動を取ったことがないかもしれない。 しいて言うならば、仕事を辞めた事だろうか。仕事を辞める前というのは、いつも二の足を踏んでいてモヤモヤしていた。しかし、辞めた後からすれば、何故さっさと辞めなかったのだろう?といつも思う。

--人間は、自分の想像力に殺されてしまう。

というのは、よく聞く話で。 今回の移住に関しても、私は二の足を踏んでいると思う。思いついた事を次々とやってしまえば1日で多分完了してしまうのだ。しかし、いつまでもモジモジしている。これは多分、昔からのいらない癖だ。 とりあえずキャリーバッグを買ったので、帰ったら思いついた荷物を片っ端から詰め込んで準備をしてみようと思っている。

必要最小限の荷物さえ積み込んでしまえば、多分もう準備は完了する。 あとは要らないものを片っ端から処分していけば断捨離にもなる。 私には、無駄なものに足を囚われてしまうところが多々あるので、これを期にそんな過去の自分とはオサラバしようと思っている。

--人間は、自分の想像力に殺されてしまう。

これは、いつも思うのだが、動きを止めてしまった時に限って無駄な想像力が働いていて、自分で自分の事を縛ってしまう事がよくある。ありもしない事に想像力を働かせて、次から次へと自分の足を引っ張ってしまう。 逆に、動きを止めなければ想像力はあまり働かない。無駄な想像力を断ち切るにはとにかく動きまくる事だ。なんでもいいから、とりあえず思いついたらやってみて、上手くいかなかったら、次、次、次と、手を止めなければ、多分人間はどこにでも行ける。 自分を止めているのはいつも、自分だ。

そんな事を思いながら仙台駅前のドトールでカフェオレを飲んでいた。

****************************

佐藤 忍賢 携帯:08045128756 LINE id:motomotokatsu Facebook https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************