読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

俺は、短髪だ。

今日は、特にやる事がなかったので、仙台の街中をただ、闊歩していた。
上島珈琲の、黒糖ミルク珈琲が結構イケテイル。

街行く人の流れの中で、いつも思う事がある。何故、ここにいるのか。という事だ。
今、自分が置かれている立場に何故居るのか。と問いかけてみると、明確に答える事が出来ない。出来るとすれば、ただ、なんとなくではないだろうか。

今の仕事を何故しているのか。何故、この場所に暮らしているのか。何故、ここで立ち尽くしているのか。
今、目の前にある現実に目を向けて見ると、大抵がただ、なんとなくだ。

脳は、習慣の奴隷だ。という言葉をどこかで聞いた事がある。それはやはり、まさにその通りで日々のルーティーンにただ従っていれば、楽だ。非常に楽だと思う。しかし、私は、ここに罠があるのだと睨んでいる。
人間は、基本的に怠けたい生き物だ。
辛い事や、嫌な事からは、できる限り身を引いていたい動物なのだと思う。
今、目の前にある現実に嫌気がさしている人は多い。しかし、そこから抜け出せないのは何故なのか。
やはり、原因は脳だ。
脳が、怠けているだけなのだ。脳は、新しい物事を嫌う。新たな出来事や、知らない人や、知らない場所に向かおうとするだけで、脳は抵抗する。

脳「辞めろ、そんな事するな。俺は怠けていたいのだ。」

脳は、巧妙な手口を使って自分の現状を維持しようとする。すると、脳が抵抗すると同時に周りにもその波が押し寄せてくる。

辞めろ、そんな事するな。失敗したらどうするんだ。何を考えているんだ。失敗したらどうするんだ。金はあるのか。

周りの人間も、やはり脳に騙されている。それらしい事を言っているつもりなのだろうが、常識という概念に縛られ、脳に騙され、ただ、怠けていたいだけなのだ。
この事実に気づいている人は私の周りにはあまり、いない。人間は、脳に支配されている。しかし、私は違うと思っている。私は、私だ。俺は俺だ。脳に支配されていてはダメだ。自分が脳を支配するのだ。脳の主人は自分だ。
たとえ、後ろ髪を引かれるような気持ちになったとしてもそんなモノはバッサリ切り捨ててしまえばいい。俺には、そんなモノはない。俺は、短髪だ。

危険だと感じるものの大半は大抵が幻想で、そんなモノはない。
もし、万が一危険な目に遭ったとしても、一度ダメージを喰らってしまえばいいだけの話だ。一時的なダメージは、長期的に見ると成長につながる。
人間は、そんなに柔に出来ていない。原始時代からの進化の過程を経て、今、進化したバージョンで生きているのが私達だ。絶対に大丈夫だ。何が起きても大丈夫だ。人間は、そんな簡単には死なない。

そんな事を仙台の上島珈琲で考えていた。

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
08045128756
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************