毎日が新しく生まれ変わり、進み続けるチャンスだ。


f:id:moto5513:20160608204028j:image

新しい生活が、妙に楽しい。
毎日が新しく、毎日が新鮮で、毎日が不安で、毎日がゾワゾワする。多分、普通の人はワクワクすると表現するのだろうが、私のような変態の場合、ゾワゾワしている事が自分にとってのワクワクする事だと認識している。ただ、電車に乗り、知らない土地に足を運び、知らない事を知る。そんな当たり前の事が、妙に新鮮で楽しい。

特になにをする訳でもないが、ただ、知らない土地に足を踏み入れるだけで、私の中の何かが揺れる。街を歩く外人の会話や、初めて見る景色や、まだ感じた事のない雰囲気が、私の中の何かを揺らす。これは、感覚的なモノなのだが、知らない事に触れるだけで、私の中の閉じていた扉がどんどん開いていくような気がする。私は、ただ、それを感じている。

私はずっと、停滞感を感じていた。
このままではいけないような、このままでは何かが終わってしまうような感覚をいつも感じていた。当たりどころのない、掴み所のない空虚感が、いつも私の中にあった。本を読んでも、何をしていても離れない空虚感に私はいつも悩まされていた。今、考えてみると、私は、新しさに触れたかったのだろうか。
何もしていない時に、私はいつも悶えていた。何かをしたいのに、何をしたらいいのか分からない。何かをしたとしても、拭いきれない空虚感が、停滞感が、いつも離れなかった。

f:id:moto5513:20160608224337j:image

人間は、退屈さや、停滞感を覚えると、萎える。花のように、咲いては萎え、散る。その繰り返しで、そのサイクルの中で生きているような気がする。多分、深く迷い込み、塞ぎ込み、全てが終わったと感じる時ほど、それは自分が咲き誇るために必要な道なのではないだろうか。世界中のどこを探しても、咲き続ける花はない。どんな花も、いつかは萎え、散る。人間も同じように、その道を歩んでいるのではないだろうか。

人生は、常に、前に進み続ける為に在るような気がする。歩き続けるからこそ道ができるように、ほんの些細な事でもいいから、少しでも、ほんの1ミリ程度でもいいから、前に進み続けることは人間を成長させると思う。その為には、どんな些細な事でもいいから、毎日挑戦し続ける事が必要だと思う。例えるなら、こうゆう風に、日々の思いを書き連ねる事でもいいし、毎日料理をする事もいい、大切な誰かに思いを伝える事や、不要な物を捨てる事でもいいと思う。
とにかく、何をしようが、何もしまいが、人生は続く。
だけど、人それぞれに、毎日が新しく生まれ変わり、進み続けるチャンスだ。

f:id:moto5513:20160608223951j:image

自分が気づいていなくても、毎日何かが変わっている。自分に問い続けていたい。

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
08045128756
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook

****************************