もしも、この音が鳴り止んだなら。

f:id:moto5513:20160613213705j:image

私は、考え込んでしまう癖がある。様々な事に想いを巡らせてしまい、自滅する事がよくある。そんな時は、決まって胸のあたりがギューっと締め付けらるような感じがして、とても苦しくなる。これは、身体からのサインだ。多分、身体は、自分が考えている以上に賢く出来ており、本来の自分からズレた思考をすると、すぐさまにサインを送る。嫌な気持ちや、怒ってしまったりする時ほど強めのサインを送ってくる。

f:id:moto5513:20160613212721j:image

 

自分に戻る方法。

私は、そんな時は、考える事を辞める。
胸に手を当てて、気持ちが落ち着くのを待つ。不思議にも、ただそれだけで気持ちの波は穏やかになり、本来の自分を取り戻す事が出来る。「人は、創造主だ。」という言葉を最近ではよく耳にする。嫌な事も、良い事も全て自分が創り上げている。嫌な気持ちでいる事が、本来の姿ではないのは、誰もが分かっている事で、出来れば誰だって幸せに、素直に、生きていたいと思う。だから、そんな時ほど気持ちを落ち着けて、自分の気持ちが、自分に戻ってくるのを、ただ、待っていて欲しい。ただそれだけで自分は自分でいられるのだ。

 f:id:moto5513:20160613212744j:image

 

前が見えない。

何もかもが上手くいかなくなっている時というのは、本来の自分ではなくなってしまっている時なのではないだろうか。本当は、自分であるのに、偽りの自分ではない行動を取り、仮面を付けたまま夜道を彷徨っていては、きっとどこかで息が苦しくなってしまい、前が見えなくなってしまう。そして、人は迷い、苦しんでしまう。本当は、もっと素直で、優しくて、光り輝いていた自分は、いつしか、知らぬ間に偽りの仮面を付けながら生きるようになり、苦しむ。だけど、それは当たり前だ。自分は、紛れもなく自分なのだから。いつしか、そんな当たり前の事に気づけなくなってしまうほどに、嘘で塗り尽くされてしまっている。

そんな時は、自分がどんな事を感じているのかを、ただ、待っていればいい。
待っていれば、何かがきっと湧いてくる。その方向に、ただ、進めばいい。ただ、それだけの事だ。進む先に、苦しい事や、悲しい事や、嬉しい事が待っていて、その度に、自分の中の何かが揺れて、涙が溢れる。私は、漢字や、文字や、言葉の意味を読み取る事がちょっとした趣味になっている。
「涙」という字の、さんずいを取ると、「戻る」という字になる。きっと、涙を流す事は、本当の自分に戻る方法なのではないだろうか。

 f:id:moto5513:20160613213236j:image

ちなみに、煙に巻かれて、強引に涙を流す方法もある。

 

 

本当の音が聞こえる。

何かを疑い、迷いながら、考えながら、進み続けると、いろんな事に気がつく。私は、自分の中をずっと彷徨っていた。
今まで教えられてきた事や、信じていた事が、真実ではなかった事に気がつく。
ただ、ひとつ言えるのは、自分が求める外側の世界には、真実はない。あるとしたら、内側にある、ウルトラ超ド真ん中にある自分自身の心だけではないだろうか。最近は、その事をうっすらとではあるが信じられるようになってきた。
もう、答えを求めていても仕方がないのだ。答えを知っているのは自分なのだから、もう諦めて自分自身に問い続けるしかない。できる事なら、私はそうやって生きていきたい。生きていると、いろんな事が起こる。いろんな事に揉まれながらも、こうやって今も生きている。いろんな音が聞こえてくる。どの音が聞きたいのか分からなくもなる。ただ、待っていれば不要な音は消える。

全ての音が鳴り止んだ時、きっと、本当の音が、かすかに聞こえてくる。

 f:id:moto5513:20160613214008j:image

 

多分、それが、本音だ。

 

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
‪08045128756‬
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************