幸せになりたいだとか、成功したいだとか、有名になりたいだとか思った瞬間から人は不幸になる。そんな事は横に置いておこう。

f:id:moto5513:20160720215216j:image

シェアハウスの天井に花が飾られてある。今月の七夕に短冊を付けている人たちがいた。ここの住人は、お互いの事を全く干渉する事がない。共同生活ではあるが、これといったルールなどもなく、誰かが何かを主張する訳でもなく、それぞれの人がそれぞれに静かに暮らしている。

 

あらゆる人種。

サラリーマン、OL、キャビンアテンダント、学生、ニート、コンビニスタッフ、役者、キャバクラの店長、美容師、ディズニーランドスタッフ、barスタッフ、ゲーマーなど、20~40代の様々な人が住んでいる。人の入れ替わりもそれなりにあるようだ。お互いがあまり干渉する事はなく自由だが、誰もいない時に部屋に一人でいたりすると、たまに寂しくなる。

f:id:moto5513:20160720215311j:image

 

何気ない楽しみ。

最近は、屋上の夜風を浴びるのが最近のマイブームであり、低体温の私は、夜風に吹かれ過ぎて凍える事もある。晴れた日には洗濯物を乾かしたり、住人と話をしたり、日光浴をしたり、景色を眺めているだけでもとても清々しい気持ちになる。近くには銭湯や、商店街があり、下町の情緒に触れる事もできる。とても良い町だと感じている。

f:id:moto5513:20160720215545j:image

町に飾られた提灯。

 

下町の伝統。

今住んでいる所は駅からも近く、交通の便も良い。祭りが盛んなようで、催しがあれば、近くの住人が法被や浴衣を着てたくさん歩いているのを見かける。町の人たちが踊り、歌い、笑い、町をみんなで活気付ける。私は、昔から祭りにはあまり関わった事がなく、お神輿を担いで、笛と太鼓で音頭を取る集団をあまり見た事がなかった。初めて見た時にはとても感動した事を覚えている。何かを競い合い、見せつける訳ではないが、笛と、太鼓と、歌と、踊りの小気味良いリズムが周囲の空気を軽くする。派手な町ではないが、昔からの伝統を受け継いできた軌跡を感じる。

f:id:moto5513:20160720215654j:image

 

f:id:moto5513:20160720215713j:image

 

f:id:moto5513:20160720215735j:image 

駅の近くには、今川焼き屋があり、あんこが好きな私はたまに勢い余って買ってしまう。ビッグサイズのふかふかの今川焼きの中に、ぎっしりと詰まったあんこがとても美味である。年季の入ったカッコイイオバちゃんが、鋭い目つきで店を守っている。1個120円で、店の前で食べる人をよく見かける。酒のつまみに食べた事もある。(甘いので飲める口)

 

超パワースポット。

よく行く場所は上野だろうか。アメ横の豪快で、大雑把な活気が私には合っているようで、些細な事で悩んでいたりすると、あの豪快な活気が、一瞬で吹き飛ばしてくれる。上野公園を散歩したり、噴水を眺めていたり、広場で大道芸人のパフォーマンスを見ているだけでもとても元気になれる。

f:id:moto5513:20160720215832j:image

 

f:id:moto5513:20160720220439j:image

 

f:id:moto5513:20160720220455j:image

 

町を離れれば情緒溢れる街並みに心癒され、家に帰れば住人との会話に盛り上がる事もあれば、一人で夜風に癒される事もある。料理をしたり、酒を飲んだり、テレビを見たり、部屋でゴロゴロしたりする。たわいもない日常ではあるが、私にとってはかなり最高の環境であり、大切な場所だと思っている。

 

最近気づいた事がある。多分、幸せになりたいだとか、成功したいだとか、有名になりたいだとか思った瞬間から人は不幸になる。そんな事はまずは横に置いておいて、なんて事ない日常を大切にしていこうと思う。その積み重ねが何者にも変えられない幸せであり、ある意味、自分だけの成功なのではないだろうか。

f:id:moto5513:20160720220210j:image

カレーを作る喜び。

 

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
‪08045128756‬
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************