すべては繋がっている。

f:id:moto5513:20160723195822j:image

私は、何故かブログを書いているのだが、特に書いている理由はなく。日々の思いをただ、書き連ねている。文章にも、人それぞれの味があり、深みがある。読んでいて吸い込まれてしまうような文章を書く人もいれば、全く読みたくもない感じがする文章もある。良いも悪いもなく、ただ、人それぞれだ。

 

深みのある言葉。

私は、文章を書くにあたって、一気に書かされているような感覚で書き上げる事もあれば、じっくり時間をかけて丹念に書き連ねる事もある。多分、書き方によってスタイルが異なり、一気に書き上げるような文章は、一見吸い込まれるようなチカラが宿る。しかし深みはなく、じっくり時間をかけて書き連ねた文章には、深みが宿ると思っている。

 f:id:moto5513:20160723195844j:image

 

深みとは、ただ、種類の違いなだけであって、一気に書き上げた文章がブログ向きであるとしたら、じっくり書き上げた文章は小説寄りだと考えている。

どれも、書き手、読み手の好みの問題なので、比べようはないが、私はこのブログの構成には割と時間をかけている。

 

結びつく瞬間。

あまり、凝って書きすぎると訳が分からない本末転倒な内容になるし、かと言って一気に書き上げても深みが宿らない。

私は、ここ最近、どうやら深みを追求しているようで、パッと見では分からない人間の深みを表現していきたいと考えている。人間の深みとは、一言では語る事の出来ない様々なモノが絡み合い、今目の前にある何とも思っていない事柄がある日突然違う場面で結びつく瞬間がある。

f:id:moto5513:20160723195908j:image

 

すべては繋がっている。

すべては繋がっている。私はそう考えている。なんの役にも立ちそうもない事も、きっとどこかで繋がっているのではないだろうか。上手くいかなかった事や、どうしようもない寂しさに打ちひしがれた事や、見るに堪えない現実を味わう事ですら、のちの【糧】となるのではないだろうか。

 

魂の授業。

少し前に興味深い講演が、テレビで放送していた。お笑い芸人TIMのゴルゴ松本さんが、少年院に訪問していた言葉が多くの反響を呼んでいた。少し曖昧ではあるが紹介する。

 

「人は、人生の途中で迷う。【迷う】という字を分解すると、「米」と「道」という字に分かれる。しかし、迷いは、「断つ」ものだ。この方向に行くと決めたら行くのだ。それが【決断】だ。迷いを断つ。迷いを断つ。迷いを断つ。それが【決断】だ。決断して決断して決断して進むんだ。それが「道」だ。そして、多くの迷いが積み重なり、たくさんの量をこなし、初めて【糧】となるんだ。道は無数にある。「米」の字の如く末広がりだ。」

ゴルゴ松本魂の授業】http://cas.st/1147e6da

 

 f:id:moto5513:20160723200017j:image

文字や、先人から伝わってきた伝統にはそれなりの意味や深みがある。深みのある人間になりたい。

 

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
‪08045128756‬
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************