どうしても元気が出ない人へ〜人は何度も蘇る〜

f:id:moto5513:20160819205620j:image

親指に力が入るようになった。運動不足のせいか、足首に妙な違和感を感じていた。歩くことは、健康に良いと言われているが、今まで何がどう良いのか分からなかった。

歩く事に慣れて来ると、気持ちが前に向いて来る。意味もなく歩き続けては、適当な唄を口ずさみ、適当な事を考え、景色を眺め、空を眺め、すれ違う人を眺めていた。

脳の悪い癖。

人間は、動きが止まると思考が変な方向に傾いてくる。思い悩んだり、苦しんだりする。次第に何故こんなに苦しいのかと、無意識のうちに自分を責めるようになる。

これは、ただの脳の幻想だ。迷ったら歩く事がかなり良いと最近気づいた。好きな事をすると良いとか、ワクワクする事をしたら良いだとか世間では言われているが、そもそも自分が好きな事がなんなのか分からずに更に悩んでしまう人は多いのではないのだろうか。好きな事を探している時点で、好きな事がもう分かっていない。だから歩く事だ。

f:id:moto5513:20160819205402j:image

歩くとアヒルに会える。

自分に戻る方法。

歩けば歩くほど、思考がどんどんなくなってくる。脱皮を繰り返すかのように古い自分を脱ぎ捨ててくれる。

歩く事を繰り返すうちに、徐々に歩き方を思い出す。歩き方を思い出すうちに、多分、自分の中の止まっていたエネルギーが循環する。そして、徐々に素の自分に戻る。何も考えなくていい。意味もなく、ただ歩く。疲れたら休んで、飽きたら帰って寝るだけでいい。それだけで、人間は、何度も生き返るような気がする。

歩き方を思い出すと、足の親指に力が入る。自分の中心に軸の様なモノが形成される。軸の様なモノが形成されると、気分が前に向いてくる。気分が前に向いてくると、元気が湧いてくる。元気が湧いてくると、いちいち悩む事を忘れる。

おそらく、歩く事は悪循環を逆回転させる力がある。かなり単純な事だが、前に前にただ歩く事で、後ろ向きな思考が前向きな思考になる。行動に思考が追いついてくる。身体は使うためにある。元気は無理矢理出すものではなく、ただ、湧いてくるものだ。

 

ただ歩く事について熱心に書き連ねてしまったが、本当に凄い効果があるので、興味がある方は是非試してみてほしい。ただ歩く。ただ歩く。それだけできっと人は何度も蘇る。

どうしても元気が出ない人に、是非試して頂きたい。全然ダメじゃないから大丈夫だよ。

f:id:moto5513:20160819205525j:image

もれなくアヒルに会えるよ。

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
‪08045128756‬
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************