読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

スピリチュアルとか、趣味とか、日常。

天と地を繋ぐもの。

f:id:moto5513:20160819230520j:image

引き続きずいぶん長々と歩く事について書き連ねている。歩くと言う行為は、非常に単純で退屈そうに見えるが、気持ちを前に進めてくれる。人間は、二本の足を持っている。毎日、必ず地に着いている足。この足が地に動かなくなると、頭に頼る様になるのではないだろうか。

彷徨う理由。

地球には、天があり、地がある。頭に頼りすぎるあまりに、地から足が離れ、浮き足立つ状態が作りあげられてしまう。地に足が付いていない。フワフワと、飽和状態に陥り、自分を見失う。

こっちでいいのだろうか。あっちがいいのだろうか。いや、待てよ。ここはどこだ。いや、違う。いや、もしかしたら。こうなったらどうしよう。俺は何がしたいんだ。俺は誰だ。

f:id:moto5513:20160819230610j:image

浮き足立った状態では、自分を見失い、決断力が鈍る。これは、頭に、思考に偏りすぎている証拠ではないだろうか。次第に自分の足で立つ事を忘れ、他者に答えを求める様になる。そこに依存が生まれる。そして、自信を失う。まずはしっかりと自分の足で立つ事だ。

天と地を繋ぐもの。

f:id:moto5513:20160819230634j:image

私は、ここ最近毎日歩いている。往復2時間の道のりをただ歩いている。初めの頃は、歩く事が苦痛で仕方がなかった。ただ歩くだけで筋肉痛になって疲弊した、汗だくになり、ひたすら喉が渇いた。太陽の光にやられ、弱っていた。しかし、最近は汗をかかなくなった。疲れなくなった。喉が渇かなくなった。そして、歩く楽しさを知った。そして、足の親指に力が入るようになった。足の親指に力が入ると、私の中心に軸の様なモノが形成された。この軸の様なものは、地に足が付いてきたという事ではないだろうか。そして、私の、ど真ん中にある軸のようなものは私を天と繋いでくれている。ふと、そんな気がした。

 f:id:moto5513:20160819230722j:image

歩いているといろんな事を思い出す。ああ、そういえばあそこに行ってみたかった。ああ、こんな方法もあるのか。ああ、ここにこんな場所があるのか!そして、太陽の光や、風や、緑が、いつも元気を与えてくれている事に気づくようになった。ただ歩くだけで、自分を取り戻す事ができる。これはすごい事に気づいしまったような気がする。

f:id:moto5513:20160819230909j:image

赤提灯の裏も凄い。

歩くことのメリット。

少し、話は逸れるが、歩く事もやはり運動で、腹が減る。運動後の飯の旨さも普段よりも倍増する。うめえ!と叫びたくなる。ビールもうめえ!と叫びたくなる。喜びが増す。そして、普段当たり前に思っていた事の有り難さにも気づく事ができる。

飯が美味い。風呂が気持ちいい。布団が暖かい。なにより身体がスッキリする。怠さが消え、気分もスッキリする。思考が明晰になり、迷いが減る。自然と笑顔も増える。お気に入りスポットも見つけられ、行動の選択肢が広がる。体力もつき、新陳代謝まで上がる。歩くだけで、運気まで上がるのだろうか。体内の血液や、エネルギーが回りだす感覚を覚える様になった。かなり凄い発見だ。おまけに移動費の節約にもなり、使えるお金も増える。満員電車に無理矢理乗る必要も減る。という事は、余計なストレスも劇的に減る。これは、歩くだけで全て手に入る。完全無料で全て手に入る。

f:id:moto5513:20160819230752j:image

アヒルに会える。

f:id:moto5513:20160819230810j:image

トーテムポールにも会える。

 

昔から、何故修行僧が歩き続けているのか分からなかった。ただ歩くという行為の中にはこんな秘密が隠されていた。なんてこった。そんな事に気づくまで31年もかかってしまった。

f:id:moto5513:20160819231243j:image 

歩こう。きっと良いことがあるから。

 

****************************

藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
‪08045128756‬
【LINE ID】
motomotokatsu
Facebook
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr

****************************