読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

何かをしたいけれど、どうしたらいいか分からない。と悶絶する人種。

f:id:moto5513:20160911120328j:image

昨夜、ビールを何本か買って帰ると、シェアハウスの友人がテレビを見ていた。私はいつもビールを飲みながら料理をするのが1つの楽しみであったが、なんだかその日は誰かと話したい気持ちになった。

私「ビール飲まない?」
友人「いや、大丈夫。ありがとう。」
私「いや、いつも一人で飲んでてヒマでさぁ。」
友人「んじゃ屋上で飲む?」
私「おおそれはいいね!」
友人「んじゃお返しにソーセージあげるから一緒に食おうぜ。」

と言うので私が焼いて屋上で飲むことになった。

f:id:moto5513:20160911120730j:image

このシェアハウスには30名程度の人が住んでいるようだが、5階建てということもあり、あまりひと気を感じない。昨日は土曜日ということもあり、ほとんど人がいなかった。屋上で夜風を浴びながら飲む酒は最高だった。

年上に見える年下の男性の人脈。

シェアハウスの友人は、個人事業として、運送会社を経営しているらしい。まだ26歳という若さでありながら年齢を感じさせない落ち着きを放っている。元々広島出身らしく、全国各地を転々としているようで、様々な仕事を経験している。私よりも6歳ほど年下なのに、人生の先輩にも見えてしまう。

何故か分からないが、彼の人脈が凄い。現在交際している彼女は仙台に住む整形外科医の娘らしく、父親はかなりの大金持ちらしい。移動は常にタクシーで、毎週のように仙台〜東京間を行き来しており、六本木には父親から買ってもらった使わないマンションが2つあり、最近飲食店を始めてみたいと言っている友人にお店を現金一括でプレゼントしたらしい。金銭感覚がかなりおかしいらしく、新幹線に乗り遅れればその未使用の1〜2万円の切符を平気で捨てるらしい。電車にもここ最近初めて乗ったらしく、吉野家にも初めて最近行ったらしい。

かなりマンガの話のようなブッとんだ話ばかりだったが、そういう人もいるのかーと、屋上で笑いながら話し、盛り上がった。

何かをしたいけれど、どうしたらいいのか分からない。と悶絶。

その友人は、過去にパチンコ屋の店員、キャバクラのボーイ、個人事業としてコンサルタントなどを経験しており、現在は運送の個人事業の他に投資や株なども熱心に勉強をしながらも頑張っている。投資や株と聞くと、なにやら胡散臭さが漂ってくるが、見た目の割にはいつも本を読んで勉強をしているようで、しっかりとした理念に基づいた行動をしている。

f:id:moto5513:20160911120802j:image

私は過去に個人事業を目標として必死に頑張っていた時期があり、自滅してあっさり終了してしまった経緯がある。自分が今漠然と取り組んでいる事をどうしたらビジネスとして成り立たせる事が出来るか分からずに悶々としていた。普段考えている事や、ビジネスの仕組みなどについて話が盛り上がった。

私は物事を深く考えてしまう癖が昔からある。普段当たり前にやっている事や見ている事にふと疑問を抱く事がある。毎日なんとなく働いて、給料をもらい、生活のために、将来のために働く事にいつの頃からか疑問を抱くようになった。やりたくもない事を無理矢理やって我慢に我慢を重ねながら自分がすり減っていく様を感じながらもどうしたらこのループから抜け出せるのかが未だに分かっていない。

f:id:moto5513:20160911120819j:image

様々な考えに手を出しては全て中途半端に終わってしまい、何ひとつやり続ける事が出来ず、いつもただ、一人で悔しい思いをしていた。このブログは自分のひとつの財産として大切にしている。それほど多くの人に読んで貰えているわけではないが、日々思ったことや、考えている事を綴り、どこかの誰かと繋がることが出来たらいいと思っている。私のように当たり前の日々に疑問を感じながらも何かをしたいけれど、どうしたらいいのか分からない。と悶絶している人に届けばいいと思っている。

極論。

ビジネスの話については、極論「自分の好きな事で人が喜んでくれればビジネスとして成立する」という話になった。これはかなりの極論だと思い、私は深く頷いた。彼も、過去に個人事業としてコンサルタントの仕事をしていたが、辞めたらしい。理由は単純に面白くないから。であり、それなりの収入もあったようだが、どうも好きではなく違和感を感じて続ける事が出来ず辞めたらしい。

好きな事で生きていく。というのは最近よく耳にする言葉にはなるが、それをビジネスと結びつけてみるとなかなか難しい。世間的に見て需要がありそうだから。世間的に見て立派に見えそうだから。世間的に見て手っ取り早く稼げそうだから。という目先の理由だけで始めても、やはり続かない。

必ず壁にぶち当たり、葛藤が起こる。世間で活躍している成功者の方々を見ていると、いとも簡単にやっているように見える。そして、それを第三者から見ると自分にも出来るんじゃないか。と錯覚を覚え、見よう見まねでやってみたりもするが、やはり出来ない。何かが違うのだ。

これは何かを始めてみた人からすれば分かるかも知れないが、表面的なモノだけを真似てもやはり上手くいかない。根本的な理由が超超超明確になっているからこそ成功者は成功しているのだと私は感じている。

ビジネスは理念ありき。という言葉をどこかで聞いた。理念なき行動は空回りしてすぐに終わる。何故これをしているのか。という理由が明確でなければ人の心には響かない。私はそう感じている。

f:id:moto5513:20160911121018j:image

簡単なようで難しい。


****************************
藤忍賢(Motokatsu Sato)

【携帯】 ‪08045128756‬

Facebookhttps://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr
***************************

LINE@始めました。

【LINE@】 http://line.me/ti/p/%40inq4596c