読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

想像力を超えた、先。

f:id:moto5513:20160917210421j:image

最近、人との繋がりについて考える事がある。たった一人の人間との出会いから人生が変わる事があれば、思い切って飛び込んだ世界での出会いもある。どこで何が起こるか分からないのが人生ではあるが、新たな人との出会いがいつも自分の視野を広げてくれると感じている。

人との出会い。

シェアハウスの友達。仕事場の友達。仕事場の先輩。コンビニの店員。電車で隣に座った人。すれ違う人。飲み屋の店員。飲み屋の隣に座った人。テレビで見た人。ブログを通して知った人。友達の繋がりで知りあった人。

f:id:moto5513:20160917205312j:image

数え上げたらキリがないけど、たった一人との出会いだけで、その人の奥には友達や、家族や、兄弟や、知り合いや、またその知り合いの知り合いや、全く知らない所まで繋がっている。在り来たりな話になってしまうが、毎日が出会いに溢れている。人は、ひとつの出来事の終わりを悲しんだり、寂しさを感じる時があるが、やはりそれだけではなく、別れがあれば出会いもあり、出会いがあれば別れもある。

f:id:moto5513:20160917205140j:image

f:id:moto5513:20160917210509j:image

f:id:moto5513:20160917210544j:image

想像力を超えた、先。

この辺の事は、頭で考えていても到底想像不可能であり、自分でコントロールする事も到底不可能であるが、思考を超えた先に想像も出来なかった未来が待っている。想像も出来ない事というのは、恐さも感じるし、寂しさや、辛さも感じるかもしれない。しかし、それらを凌駕する出会いの喜びが、やはりある。私はそう思っている。

f:id:moto5513:20160917205435j:image

今、目の前に広がっている一見あたりまえに見えている光景も、遠く離れてしまえば、自分の中の小さな記憶に姿を変える。当たり前に見えていた世界が、ただの【ひとつの選択肢であった事】に気づく。そして、当たり前であった事が当たり前ではなかった事に気づく。

今生きていることや、寝て起きること、瞬きをすること、呼吸をすること、悩むこと、悲しむこと、喜ぶこと、笑うこと、人を愛すること、懐かしさに思いを馳せること。何もかもが当たり前に感じているかもしれないが、当たり前に感じられなくなる日がきっと来る。

死に向かいながらも生きている。

f:id:moto5513:20160917205552j:image

瞬間瞬間を知らぬ間に積み重ねて、私たちはそれにも気づくことなく生きている。しかも、生まれた瞬間から真っ直ぐに死に向かいながらも、毎日を生きている。初めて東京に来て、上野の駅に私は降りた。とても不安だった事を覚えている。しかも、何故東京に来たのか未だにわかっていない。かなりの思いつきだった。はじめから来るようになっていたのだろうか。初めての家探し。初めての東京での暮らし。初めての人との出会い。初めての仕事。初めての場所。

f:id:moto5513:20160917205945j:image

初めての事に囲まれすぎて、また自分を見失いそうになった時もあったが、今もこうしてなんとかどうにかなっている事をたまに不思議に思う。ここに来なければ絶対に出会えなかった人や、場所が、必ずある。何かを起こさなければ起きなかった事も必ずある。恐れを抱きながらも一歩ずつでも、半歩ずつでも、後ずさりしながらでもいいから。とにかく足を前に進めていこうとする気持ちが何よりも大切な事だと思っている。

まだまだ苦手な事や分からない事が想像も出来ないほどあるが、想像を超えた所でまた出会いがあると考えると、一体どこまで広がっていくのだろうかと呆気に取られてしまう。

人生は想像は出来ないこともあるけれど、有限だ。

しかし、人との出会いは、有限だ。生きている内に出会える人との数は限らていて、そして、時間も限られている。焦っても仕方がないが、与えられたこの命とこの時間を無駄にしたくはない。私はそう考えている。

かつて、悩みに悩んで本を読んだり、ネットと睨めっこしている時期があったが、一人で抱え込むほど無駄な事はないなぁと最近思うようになった。本もネットもテレビもラジオも本当のことは書いていないし伝えていない。多分、ほとんどが嘘だ。

思いもよらない情報が舞い込んでくるのはやはり人との出会いではないだろうか。人から人へ伝わるものは本にもネットにも載っていない。インターネットで得られるものは、自分が考えている事よりも実は、ほとんどないのではないだろうか。頭で考えて分かったつもりになっていても腑に落ちる事はおそらくない。人と、もっと触れあう事がいろんなことを教えてくれる。

f:id:moto5513:20160917205753j:image

具体性のない、抽象的な話になってしまったが、自分の想像力や、SNSの世界ではなく、もっとリアリティ溢れる現実という世界をもっともっと知りたいと私は思うようになった。


****************************
藤忍賢(Motokatsu Sato)
【携帯】
‪08045128756‬
【Facebook】
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr
***************************

LINE@始めました。

【LINE@】
http://line.me/ti/p/%40inq4596c