火・風・水。

f:id:moto5513:20161028210909j:image

人間観察が趣味の根暗な私は、しばらくの間人間観察に明け暮れていた。身近な人や、今まで出会った人や、自分の性格などを火、風、水に照らし合わせると面白いような気がして一人、分析をしていた。

人間にはそれぞれ性格や個性や家系がある。個人的には更に、そのほかにも属性があるような気がしている。日常生活に溢れている「火、風、水。」これらに大体の人間が当てはまるような気がしてならない。火、風、水のほかにも属性をあげたら多属性に渡るかもしれないが、分析が全く出来ないので今回は三種類に分けた分類に留めて置こうと思う。ここからは、全くなんの知識もない私の個人的な勝手な推測による考察をまとめてみようと思う。

火タイプ。

f:id:moto5513:20161028211056j:image
文字が指し示す通り、火のように燃え盛る性格の持ち主。表面上の性格に限らず、どこかしらで燃えるものを秘めている。この燃えるものを表に出さない人は、身体が常に燃えていて、「暑い暑い」が口癖で「ビンボー揺すり」をよくする。常に刺激や新しさを求めていて、心のどこかでは常に何かが燃えている。常に燃えているので、熱を冷ますために冷たい食べ物や、飲み物を好んで口にする。もしくは無意識で口にしている。それ故に腹を壊すことが多く、体調不良によくなる。本当は表に出してしまいたい自分の内側の炎を出すことが出来ずにモヤモヤしてイライラしている人間がおそらく多い。しかし、燃え盛る炎を出した瞬間一気に周囲に波及する。

風タイプ。

f:id:moto5513:20161028211213j:image
この類の人間は、パッと見では普通。だが、風のような素っ気なさが仇となり誤解を招くタイプの人間が多い。風タイプの特徴として、普段の私生活では常に風を操っている。すすり笑い、素っ気なさ、飽き性、突然いなくなる、空元気、空想家。
本人は気づいていないが風のような行動をよく取る。物事を風のように運び、風のようにあっさり忘れる。あまりこだわりがなく、風が止めば一気に大人しくなる。ありきたりな表現になるが、本来持ち合わせている自分の中にある風を日常的に無意識に操っている。風のような瞬間的な行動や、爆発的な瞬発力のある行動を取るタイプの人間がおそらく多い。

水タイプ。 

f:id:moto5513:20161028211310j:image
感情の起伏が激しく日常的に感情が水のように揺れる。水は即ち自由の象徴であると私は考えており、どんな環境にもすぐに対応できる特徴を持つ万能タイプ。コップに入ればそのままその形になり、コップから溢れればカタチを持たないただの溢れた水になる。人を潤す力もあるが、暴れ狂えば津波のように周りに被害を与える力も秘めている。使い道により善にも悪にもたやすく化ける。水の特徴からカタチがないがゆえに、様々に姿、カタチを変え、勝手に揺れたり、慌てて泡になったり、怒り狂えば沸騰したお湯になる。カタチにこだわらない性質からか、周囲に流されやすいが、なんでもそれなりに出来るので周囲からはいつも愛されている。親しみやすい人間が多い。

まとめ。

以上が、私の浅はかな推測による火、風、水タイプの人間の分析になるが、よく考えてみると、それぞれの人が同じ属性を持ち合わせている。誰の中にも同じような要素があり、特定ができる訳ではないが、こういう視点から見てみるとゲーム感覚で面白いかもしれない。

f:id:moto5513:20161028210909j:image

ところで、私は、何故こんな事を分析しているのだろうか。。

そんな私は多分、風タイプ。

****************************
藤忍賢(Motokatsu Sato)

【携帯】 ‪08045128756‬

Facebookhttps://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr
***************************