読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

強さは弱さであり、弱さは強さだ。

f:id:moto5513:20161101214030j:image

「自分の中にある観念に気づくと、現実が変わる」と最近よく耳にするので、考えてみた。

これは、どうゆう事かと言うと、自分が自分に対して禁じているタブーに対して許可を出す事により、自分の行動の範囲が広がり、現実が変わっていくという事。無意識のうちに禁じているので、自分の可能性に自分で制限をかけており、毎日が退屈なものに変わってしまうという。ワンパターンな事ばかりを繰り返して、何も起きない。

自分の成長を止めているのはいつも自分だ。

私は、食に対する事と、充実感に対する事にやたら執着しているようで、美味い料理が食べられなかったり、孤独を感じたりするとそわそわする事に最近気づいた。

かなり些細な事になるが、腹が減った時に思いっきり食べられないと胸くそ腹が立つし、孤独を感じたりすると、どうしようもなくそわそわしてしまう。だから意味もなく食べてしまったり、無駄に遠くに出かけてしまい、金がなくなり後悔する事がよくある。

この真逆の行為をやると、自分が自分じゃなくなるような感覚に陥る。

空腹感に耐えられずに、違う行為で何かを埋めようとする。
孤独感に耐えられずに、違う行為で何かを埋めようとする。

自分の心に隙間が開いてしまうのがどうやら怖いようだ。この妙な観念に最近気づいた。この辺は客観的に見てみないとわからない事が多いと思う。人それぞれのこういった行為を観察するのも意外と面白いもので、ある人は約束を破られた事に過剰に反応し、怒り狂っていた。ある人は、職業の話をすると過剰に反応し、性格が激変していくのを目の当たりにした。またある人は、身体的な肥満度を指摘されると、かなり動揺する。

人それぞれが持つ観念には育った環境により、やはり違いがある。

今、自分が抱えている問題のような物は余白を無理矢理埋めようとして、過剰に盛り上がってしまった部分を指すのではないだろうか。

空腹を満たす為に食べて脂肪として埋める。
孤独感を満たす為に愛嬌でごまかす。
臆病な心を隠す為に警戒心で相手を罵倒する。
退屈を埋める為に人を傷つける。
イライラをごまかす為に暴言でごまかす。
焦りを隠す為にテキパキと仕事をこなす。

どれも見ていてやはり不自然な物を感じる。隙間を埋める為に、日々ひとは何かを埋めるように頑張っている。
その隙間を埋めなければ、果たして生きていけないのだろうか。と個人的には思うようになった。

自分の弱点を晒す事は怖いようにみえて、ダサいように見えて、実は強い。
自分の情けない所や、見たくないところを他人に晒す事は実はとてつもなく相手に安心感を与える。

ダサければダサいほど、弱ければ弱いほど、目の前の人は安心する。

強さは弱さであり、弱さは強さだ。

 f:id:moto5513:20161101214738j:image

弱さをごまかす為にカレーを喰らう。

****************************
藤忍賢(Motokatsu Sato)


【携帯】
‪08045128756‬


Facebook】
https://m.facebook.com/rzuoteng?fref=qr_code&_rdr
***************************