読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

スピリチュアルとか、趣味とか、日常。

脳の仕組み。

f:id:moto5513:20161113210759j:image

最近のマイブームは脳で、様々な著者の脳に関する情報をこのブログにまとめてみようと思う。

脳は習慣の奴隷。
非常に響きは悪いが、脳は習慣の奴隷である。脳は良い悪いの判断をせずに、忠実に日々、自分の習慣に従う。過食をすればそのまま太り、悪口を叩けば性格が歪み、イライラを習慣化させればそれは永遠に続く。いつしか、何故こんなにまで辛いのだろうか。と自分を責めてしまい、訳が分からなくなる事にもなり兼ねないが、全て自分が自分に言い聞かせているだけの話というのが、大体話オチになる。脳は思考に従い、脳は言葉に従い、行動に従い、習慣に従い、人生を創る。全ては自分が創り上げている事を認める事が第一歩かもしれない。

脳は幻想を見る。

f:id:moto5513:20161113210833j:image
脳は幻想を見る。妄想や、幻想を脳は勝手に作り上げる。妄想や幻想に従って思考が生まれ、言葉が生まれ、行動が生まれ、習慣が生まれ、人生が創り上げられる。自分の心が思った事をそのまま、忠実に創り上げている。幸せや、不幸も目に見えない幻想から始まり、幻想が現実化しているだけに過ぎない。だから、目に見えない思考は常に心地よいものに浸っておく事が非常に良い結果を招く。

腸は現実を見る。

f:id:moto5513:20161113210922j:image
話は変わり、逆に腸は現実を見る。脳で創り上げた幻想に居心地の悪さを感じると、腸はすぐに反応する。身体の不調は、脳から始まり、腸に繋がり、現実に繋がる。脳から出す指令が心地よければ腸も緩み、現実も良いものになる。
ちょっと分かりやすい例をみると、嫌な事を考えてばかりいる大半の人が、便秘や、消化不良で、なにかしらの体調不良を訴えている。脳から出す指令が嫌なものであれば、身体も即座に反応し、体調も悪化する。例えば、試合前にネガティヴな思考が拡大し過ぎて、緊張して身体が硬直し、本来の力を発揮出来ない人によく言える事かもしれない。行動を起こす前の思考がどれだけ自分の身体に影響を及ぼすか知っておくと非常に分かりやすい。だから、試合前には、むやみやたらに汗を流すのではなく、笑って、お腹を揉むのが一番良いかもしれない。

脳は単純。
脳は言い換えると、かなり単純であり、思った事をそのまま身体に伝える。だから、できるだけ楽しい事を目にすると良い。ユウチューブのお笑い動画を見たり、良い匂いのする繁華街を練り歩いたり、気分が上がる音楽を聴くだけで、かなり好反応を示す。しかも、自分にとって良い物を見たり聞いたり触ったりするだけで良い方に働き、更に自分の都合の良い妄想により、自分に都合の良いカタチに恐らく変化する。全部自分の都合の良いカタチに持っていけば意識せずとも無意識のうちに自分に都合の良い事が沢山目にするようになり、実際に起こるようにもなる。

f:id:moto5513:20161113210949j:image

脳は過去を見る。
脳は非常に単純で、素直で、奴隷なだけに、厄介なところがある。上手くいかなかった過去と照らし合わせる習性がある。新しい事に挑戦しようとすると足がすくんでしまうように、過去との経験との照らし合わせで、まだ未経験のことをしようとすると、ブレーキをかける。更には身の回りにもそれを阻止しようとする人が現れたりする。
これは、一種のボスステージのようなもので、対処方法としては、【無視する】しかない。人間には、【恒常性維持機能】という物が備わっており、変化を嫌う性質が備わっている。傷つかないように、安全な位置に留まるように、変化を嫌うように出来ている。これを突き詰めていくと、生命の維持の為であり、死なないように、予めセッティングされている有難い機能なのだが、これのせいで沢山のチャンスを逃してしまう人も少なくはない。

嫌われる勇気。

f:id:moto5513:20161113211031j:image
ここで、巷にも溢れている嫌われる勇気が必要になってくる。人になんと言われようが、行きたい方向に進む。この意識が人生を変える。嫌われないまま進む方法も恐らくあるかもしれないが、自分の人生を長い目で見た時に、今、目の前にいる人と付き合っていて果たして本当に何かが変わるのだろうか?という自問を突き付けられる時が必ず訪れる。非常に嫌で避けたい場面かもしれないが、避けては通れない、ボスステージだ。ぶつかり合い、揉めまくり、泣きじゃくりながらでも、マリオブラザーズクッパを倒す感覚で、ステージをクリアしよう。それを突き破ると、何かが待っている。

f:id:moto5513:20161113211301j:image

まとめ。

様々な著者の主張を元にまとめた為、随分と長文になってしまったが、最後にまとめると、脳が全てを創っていると言っても過言ではない。
普段、自分がなにを考えているのか見てみると良いかもしれない。

とりあえずは、面白いユウチューブを見まくろう。是非、脳に良い習慣を。