何もせずに現実を変える妄想のススメ。

f:id:moto5513:20161123231644j:image

しばらく退屈な日ばかり続いていた。
外は寒いし、お金もないのでいつもスマホを眺めながらボーっとする日が続いていた。私は、過去に自己啓発にのめり込んでダメになってしまった過去があり、うまくいかなかった事が多かった為に、しばらくその世界からは遠のいていた。

自分を責めてばかりいて塞ぎ込んでいた時期にひたすら自己啓発系の本を読み漁り一人で試行錯誤していた事がいくつかあったので紹介してみようと思う。

妄想。

f:id:moto5513:20161123231720j:image
自己啓発や、スピリチュアルや、心理学の類いの本には、必ずと言っていいほど妄想しなさい。といった内容の事がある。心地よい妄想や、心地悪い妄想は人それぞれに脳内で自由に創り上げる事ができる。良い精神状態が今見ている現実を変えますよ〜といった内容だ。

しかし、今まで妄想を続けてそれが現実化したのことない人からすると、そんな馬鹿な事があるか!タコが!という気持ちになる。もちろん私もそうだった。しかし、どうやら違うらしい。身の回りのありとあらゆる事は全て自分が創り上げているのだ。この部分を理解するのに私は3〜4年かかってしまった。
ともあれ、当時の私は頭の中が真っ暗な状態に陥っていたので、良い妄想をしようとしても全くそんな事ができなかった。いい気分でいる事も、楽しい事をする事も、笑える事も全く出来ず苦しんでいた。しかし、最近、何故か現実が変わり始めた。

妄想の成果。

f:id:moto5513:20161123232224j:image

 

f:id:moto5513:20161123232245j:image

 

f:id:moto5513:20161123232302j:image

 

f:id:moto5513:20161123232324j:image
3〜4年ほど前から毎日妄想していた事がある。私には、立派な家に住みたいという夢がある。広々とした自分だけの1人の空間を今まで持った事がないからだ。
広々としたリビングにデカイキッチンがあって、外が見渡せて、テレビがあって、ソファがあって。と、寝る前にいつも妄想をしていた。この私の妄想に限りなく近い現実が最近突然現れ始めた。
それが、これ。

f:id:moto5513:20161123232412j:image

 

f:id:moto5513:20161123232424j:image

 

f:id:moto5513:20161123232447j:image

 

f:id:moto5513:20161123232434j:image

 

f:id:moto5513:20161123232509j:image

 

f:id:moto5513:20161123232522j:image

 

f:id:moto5513:20161123232534j:image

ひょんな事からワインパーティを手伝う事になった。私の妄想に限りなく限りなく近い場所で、沢山の人たちとワインを楽しんだ。しかも、私の妄想のクオリティをはるかに超えるレベルで私の目の前に突然現れたのだ。しかも私をここまで招いてくれた主催者の方は、モデルの中村アン似のかなりの美女だった。私は、妄想の威力の凄まじさを初めて実感した。

今の現実を見ない。
生きていると、自分の目の前の現実が全てだ。と思い込んでしまう。しかし、沢山の本や、ブログを読み漁ってきた結果どうやらそうではない。という事が徐々に分かってきた。言葉だけを見て、頭で考えてしまうとわからない。これはどうもエネルギーの状態を指しているらしい。今の仕事、今の収入、今の人間関係、今の健康状態、今、目の前で見ている景色。全てが自分で創り上げているエネルギーの状態なのだ。という事が沢山の本に言葉が違えど書いてある

しかし、必ず疑問符が湧く。

は?エネルギー???

目に見えない物の話になってしまうので少々わかりづらい話にはなってしまうが、毎日、私たちはエネルギーを無意識のうちに使い、エネルギーの状態を目で見ているような【気がしているだけ】なのだ。という。

ここまで読んでも疑問符ばかりが浮かんでくる人や、納得の出来る人や、反応は様々かと思う。

おそらく、前回の記事で書いた脳の話にも繋がってくるが、毎日繰り返している習慣が私たちの現実を知らぬ間に自分の創り上げている。という。

「脳の仕組み」

http://moto5513.hatenadiary.jp/entry/2016/11/13/ 

習慣と聞くと、行動に意識が向いてしまうが、行動を創り上げているのは、脳だ。そして、その脳に指令を出しているのは、私たちの思考だ。

習慣とは。 

例えば、左足を出して右足を出せば歩けるように自分が当たり前だと思っている事は、もう既に自分の無意識に浸透している事になる。無意識に浸透すると、思考を介さずに当たり前のように出来るようになってくる。これが習慣だ。

他にも、自転車に乗れる事。靴紐を結べる事。日本語が通じる事。目で物を見る事。

日常的に当たり前にできる事は山ほどあるが、これは全て無意識の中に入り込んでいる。だから、いちいち考えなくても出来るようになっているのだ。という。

だから、現実を変える為に必要な事は、このいつも当たり前にやっている習慣を変えればいいのでは。という私なりの結論に至った。

習慣を変えるには。

しかし、習慣を変えるって、具体的に何をしたらいいのか。と、また悩んでしまう。習慣を変える行動の選択肢は無限にある。だから、漠然と習慣を変えろと言われても悩んでしまう。

じゃあいったいどこからどう変えていけばいいのだろうか?

それが、思考だ。

続く。