読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

無意識に出し続けているエネルギーの方向を変える。

f:id:moto5513:20161124002133j:image

前回の話に続き。

「何もせずに現実を変える妄想のススメ。」

http://moto5513.hatenadiary.jp/entry/2016/11/23


思考の話には様々な説がある。そして、どれを信じてなにをしたらいいのか分からなくなる事が非常に多い。そこで、私がこれまで3〜4年かかって無料で仕入れ続けてきた情報の数々を書いていこうと思う。

前回「いま見ている現実は、自分のエネルギーの状態だ。そして、現実を変えるには習慣を変える事だ。」といった内容の記事を書いた。しかし、腑に落ちないコトばかりで何を言っているのか分からない人がほとんどではないだろうか。

進化過程。

過剰書きで並べるとこうなる。

現実を変えるには、習慣を変える。
習慣を変えるには、思考を変える。
思考を変えるには、エネルギーを変える。
そして、エネルギーを変えると現実が変わる。

要はこういう事だ。
金持ちになりたいならエネルギーを変える。モテたいならエネルギーを変える。
綺麗になりたいならエネルギーを変える。成功したいならエネルギーを変える。欲しい物を手に入れたいならエネルギーを変える。最近、私はこれがなんとなく腑に落ちてきたような気がしてきたので前回に引き続き書いていこうと思う。

得体の知れない物を変えるには。
じゃあいったいこの、エネルギーという得体の知れない物を変えるには何をしたらいいのだろうか。それが、エネルギーを発する装置である脳の動きを変える事だ。脳の動きを変えて思考を良い方向に修正をすれば発するエネルギーが変わり、現実が変わるという事だ。

そもそもの話。

そもそも、貧乏な人は何故貧乏なのだろうか。不幸な人は何故不幸なのだろうか。病気な人は何故病気なのだろうか。

貧乏なのは、金を使い過ぎたから?
不幸なのは、運命だから?
病気な人は、遺伝だから?

もちろんそれも一理ある。しかし、果たしてそうだろうか。単純に言うと、やはり、全て自分で創り上げてしまった物だ。という結論になる。

ここにも様々な説がある。貧乏な前提で生きているから貧乏なんだ。幸せを見つけられないから不幸なのだ。生活習慣がだらしないから病気なのだ。確かにそれも頷ける。しかし、この、よく言われているもっと根本の深くの部分を見ていくと共通して言えるのが、常に発しているエネルギーの状態が非常に暗いという事だ。

暗いエネルギーを出し続けると目の前が暗くなる。

逆に

明るいエネルギーを出し続けると目の前が明るくなる。

意識にポジティブとネガティヴという選択肢がある。要は明るい考えと、暗い考えとでも言えるだろうか。貧乏も、不幸も、病気も、共通して言える事は、暗く考えてしまう癖がついてしまっているという事だ。この癖がつくと自分から出すエネルギーが毎回暗いものになり、暗い現実を知らぬ間に創り上げてしまう。

無意識に暗いエネルギーを出し続ける事で、目の前のキャンパスを毎日塗り潰してしまっているのだ。だけど、それに気づく事ができなくなってしまっているのが、多くの人がやってしまう事ではないだろうか。

流れていく水路の方向を変えなければ水は同じ方向に流れ続ける。この方向を少しずつ変えていく必要がある。そうすれば間違いなくたどり着く場所が変わり、現実が変わる。

じゃあどうすれば方向を変える事が出来るのだろうか?

続く。

f:id:moto5513:20161124002640j:image