読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

何故、良い気分でいる事が必要なのか。

わたくし、4年間の彷徨い生活の中で
波動、エネルギー、見えない世界、縁、因果、神、宇宙、などなど

 

あらゆる事を自分なりに勉強してきました。だけど、その見えない領域をどうやったら私生活に役立てていけるのかがいくら読んでも分かりませんでした。 

 

  1. 特に、波動とか、エネルギーとか。。
  2. なんでいい気分でいなきゃいけないの?とか。

 

気分とか、感情とか、エネルギーは、日常生活では見えないので、あまりピンと来ないかもしれません。しかし、引き寄せの法則でもっとも重要と言われているのが、この波動とかエネルギーのお話になってきます。

 

波動も、エネルギーも、呼び方は違えど同じ意味です。

 

自分が日頃どんな気分でいるのかで、この自分から出てくる波動や、エネルギーの質が変わってくる。という話です。

でも、この波動とかエネルギーが変わると何が変わるねん。という疑問が湧いてくるかもしれません。

 

私はここが全く飲み込めず、失敗続きでした。

例えば、目の前で嫌な事が起きた。
「うわあ、またこれだよ。まぁ怒ってもしょうがないから、いい気分に修正しようか。(修正中)(修正中)(修正中)(修正中)

で、修正できず。。で、投げ出す。

これの繰り返しでした。

だけど、ここで投げ出すのがもったいない。

私の場合、「その場ですぐにいい気分にならなきゃいけない」と思っていたのが自分を苦しめている原因でした。

その場ですぐに変えられなくても、最初はちょっとくらい長い目で見てやる。まぁ一時間くらいかかっても良いかぁくらいの感じで。まぁ最悪今日中で良くなればいいかぁくらいの感じで。
長年の思考の癖がついているのでそう簡単には修正できません。

なので、時間はかかってもいいから、長い目で見てやるようになると、気づいた頃には忘れているようになっていました。

で、話を戻すと、エネルギーが変わると何が変わるねん。という疑問に対してなんですが、私なりの結論を言うとこうです。

自分の人生を自分で描いている。と仮定する。で、自分から出ているエネルギーが絵の具だと仮定します。

この絵の具が、怒りとか、苦しさとか、我慢とかの色で放出してしまうと、やはり現実もその色で彩られる訳です。

個人的なイメージだと、おそらく真っ黒とか、灰色とか、泥のような色とか、もう見てて気分悪くなるような色ばかり。

この思考の修正ができないと、気づかない内に見てて気分が悪くなるような色で塗り重ねてしまう訳です。

 

自分から出ているエネルギーに色がついていると仮定すると、喜び、感謝、楽しさの色は、やはり見ていて気分が良い色。

どちらの絵の具で人生を描いて行きたいのかは、やはりその時の自分の感情の色が決め手になる訳です。

エネルギーは見えないので、なかなかイメージできないんですよね。

とりあえず私は、目に見えるものと仮定して見ましたが、こういう風に考えてみると、いかに常日頃の自分から出ているエネルギーが重要か分かると思うんです。

もう今すでに、人生を描いている。自分の気持ちをよく見てみましょう。
まずはホッとできる安心できる事を始めましょう。

とりあえず、私はゴロゴロ。