読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

引き寄せの法則について思っていたアレコレ。

私は、4年ほど前に、引き寄せの法則に出会いました。
人生っていうのは、才能のある人や、努力を続けた人にのみ幸せが与えられるんだと信じていました。

引き寄せの法則に関する本もたくさん読み、引き寄せの法則に関するブログもたくさん読み、スピリチュアル、心理学、オカルト、成功哲学、人生哲学、あれこれ手を付けてみたけたれど、何が正しいのか全くわかりませんでした。

引き寄せの法則に関しては、様々な方法論が溢れており、世の中に溢れている沢山の情報に振り回され、何から手を付けていけばいいのか全く分からなかったのです。

しかし、最近、引き寄せの法則に関する事を改めて勉強するようになり、この記事を読んだおかげで良い気分でいる本当の意味が分かり、やはり改めて実践していこうと思ったのです。

今まで私は、「良い気分でいて何が変わるねん」「現実がこんななのに、良い気分でいて何が変わるねん」と、いつも引き寄せの法則に対して否定的なイメージを持っていました。

しかし、引き寄せの法則
「自分の思考が現実を創り上げている。」という内容の事がよく書かれています。今、私は色々な事が手詰まりになっていて困っています。自分の日々を改めて振り返ってみると、やはり、そういう手詰まりになるような思考を繰り返していたし、いつも嫌な気分に包まれていた事に改めて気づきました。

何か、暇な時間が出来てしまうと、問題や、心配な事に思考を巡らせ、数日後にそのような事が起きている事によくやく気づきました。自分で想像して、コツコツと創り上げていたのです。

 

「自分の思考が現実を創り上げている。」言葉だけを見てしまうと、その本質が全く見えて来ませんが、改めて、まじまじと自分の思考を見張ってみると、やはり同じような思考パターンを毎日繰り返し想像していたのです。

これは、今すぐ修正していかなくては!と思い、最近は自分の思考、自分の感情、自分の意識を観察しています。

ふとした瞬間に訪れる嫌な気持ち。これにすぐ気づいてその思考を止める。その後、徐々に思考の修正をする。

非常に地味な作業ではありますが、4年間方法論を試し続けてきて、治すべきところは、やはり自分の思考なのだとようやく気づきました。

自分の意識がどれだけ人生に影響を及ぼすのか、肌で感じながら記録していこうと思います。