他力発動。

今日どうしてもビールが飲みたくなって17時ころに飲んだ。最近色々と悩みが自分の頭の中を支配していてとてと辛かった。ビールを飲んだらホロっと思考が緩み、「なんか、色々悩んでも無駄やなー」と、突然思い腑に落ちた。

無意識のうちに自分を縛っていたことに気づき、とても安心した。

今の目の前に見えているような気がしている現象というのは、およそ5%と言われている。いつもいつも悩んでしまう時というのは、自分でどうにかしようとしている時だ。

当然ながら、自分の力で解決できるような事というのはほとんどたかが知れたもので、大抵解決に向かう時の状況というのは、新たな人との出会いだったり、まさかの思わぬ出来事だったりする。
自分の力だけでどうにかしようとしている時は、大概そういうものが目に入らない。

自分の力で解決しよう。
自分の力でどうにかしよう。
なんとかしよう。
どうにかしよう。

と、肩に力が入り、他人が入る隙を与えない。多分、これが解決に向かわない大きな原因だ。

自分のしょうもない、どうしようもなく、情けない所を曝け出せるようになると、解決のパワーがその問題を軽くしてくれるような気がする。

もう無理だ。もう諦めよう。と、肩の力が抜けるだけで、違う何かが入り込む隙が出来る。

きっとそれが他力だ。

もう、自力に頼るのはよそう。

みんな優しいんだから。