読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

今見ている現実が全て大嘘だとしたら。

顔の表情や、声の状態をリアルな人間の感覚に対し、言葉だけで100%表現する事は100%不可能だろう。

漠然とした理想を掲げ、なんとなくこうなんじゃないか。なんとなくこんな感じのような気がする。といった言語化出来ない物を人は信じようとはしない。

何を言ってるんだかよく分からん。
こいつは何を言ってるんだ。
あいつは頭がおかしい。
口だけ達者なヤツだ。

と、多くの人が言うかもしれない。

何故か?

言葉に縛られているからではないだろうか。

この世に生まれ、名前を授かり、ここまで生きてきた。こういう名前で、何月何日生まれで、血液型はこうで、親がいて、兄弟がいて、ここの学校出身で、仕事はこれで。

この世の全てに名前がある。じゃあそれは何故か?

区別するためではないだろうか。

あなたは男で、あなたは女で、
あなたは日本人で、あなたはアメリカ人。

言葉も非常に曖昧なもので、情報を伝えるツールでしかない。ただの伝達手段だ。

この言葉に慣れすぎている為に、言語化出来ないものを人は疑う。
そして、見えないものもやはり信じる事が出来ない。何故か。

認識が出来ないからだ。

目で見えるもの、自分の過去の情報にないものを人は疑い、恐れる。
しかし、逆に現実で全く見えないのに、それを強く信じてしまう事があるのは何故だろうか。

インフルエンザの季節や花粉の季節に症状が万延するのは何故だろうか。
目に見えないウィルスや粒子を恐れるのは何故だろうか。
季節に応じて必ずといっていいほどそれが流行する理由は何なのだろうか。


テレビ、新聞、雑誌、ニュース、過去の経験、友達の意見、家族の何気ない言葉

 

本来であればインフルエンザや花粉症などは起こらなくてもいい現象だ。この目に見えない粒子やウィルスを過去の惰性の認識からうっかり信じてしまい毎年のように流行が始まる。

目にも見えない、自分の感覚では捉える事の出来ないものを人は無意識に信じ込みインフルエンザという現象を引き起こしてしまう。

花粉症、病気、自己否定、恐怖、劣等感、自己嫌悪、恥、迷い

全てが全く曖昧で見えないものを勝手に信じなくてもいいものをうっかり信じてしまい自分の現実として現象化させてしまっている。これはある意味すごい事だと私は思っている。

---私たちは、目に見えない物を既に現実化させている。これは、まぎれもない事実だ。---

自分は何を信じていたいのか。
そもそも信じなくていいものを私たちは多く信じ込まされている。そんな事に最近気づいた。

今見ている現実が全て大嘘だとしたら
本当はどんな世界を創りたい?

いかにも本当くさい曖昧で真実ではない大嘘を多くの人がうっかり信じてしまい苦しんでいる。信じなくてもいい事を信じこまされている。

よーく見てみよう。それホントか?ウソじゃね?

あ、やっぱりウソね。

じゃあもう信じない!!

好きなものを信じて生きよう。自分の世界を再構築しよう!

決めた瞬間世界はきっと動き出す。