読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

スピリチュアルとか、趣味とか、日常。

いい気分が当たり前になると 嫌な気分に耐えられなくなる。

11月下旬あたりから、心地よくいられる事を常に意識して暮らしている。

引き寄せの法則でよく言われている
【いい気分でいる事】
これはなかなか奥が深い。

人それぞれにいい気分の捉え方は違う。考え方や感じ方もやはり違う。

・いい気分でいる事
・心地よくいる事

この状態を長く続けていると、身体に変化が起きてくる。
良い気分でいる事があたりまえになって来ると嫌な気分になった時の身体の反応が以前よりも強く反応するような気がする。

意見の合わない人
生理的に受け付けられない人
嫌な事
我慢する事

が前よりも出来なくなってくる。

この状態は、本来の人間の自然な状態だ。

我慢や、頑張ること。
つまり【嫌な気分】で当たり前に過ごしていると感情を押し殺すことが当たり前になり、通常の感覚が次々と麻痺していき、感覚が連鎖するようにわからなくなり、自分を見失う。
過去の自分がそうだった。
原因不明の病気や、パニック障害などになるのだと思う。

最近知り合った女性も、このような事を感じているようで、嫌なことが起きると吐き気がしたり、身体の細胞が拒絶反応を起こして、ブルブル震えてくるという。

私も最近似たような事を感じていた。

いい気分が当たり前になると
【嫌な気分に耐えられなくなる】

それが本来は自然な状態。
人間の本来の生き方。

こうなると自分に嘘がつけなくなる。
自分に正直に生きざるを得なくなってくる。
ちょっとした些細な事でも嫌だったらその場から離れる。少しでも良い気分になる事を探そう。

嫌な事はやらないでいい。
好きな事をやって生きよう。
できる範囲で構わないから。