読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moto blog

週刊ロジー。

ワクワクする事が分からない時。

バシャールが言う、
ワクワクすることをやりなさい。っていう言葉が最近溢れている。

ワクワクに従うと、その次もワクワクする事が繋がってきて芋づる式に自分の好きなことが手に入る。という夢の様なホントの話。
だけど、そもそもワクワクって何なんだろう?と思う人もかなり多い。

ワクワクっていうのは、あくまで心の反応を言葉で表現しているので捉え方としては非常に広い。広すぎて漠然としている。
自分のワクワクがどういうものなのかわからない人にとっては非常に分かりづらい感覚だと思う。
もしワクワクが分からないのであれば
体の反応を見ると分かりやすいかも知れない。

例えば

・テレビで美味そう食べ物が紹介されていて食べたくなってヨダレが出そうになる。

・通りがかりの居酒屋でビールを美味そうに飲んでる人を見かけてなんか胸のあたりがムズムズした。

・めっちゃ綺麗な女性を見かけてムズムズした。(笑)

・めっちゃ聞き惚れてしまい鳥肌が立つほどの歌手の歌声。

・思わず顔が緩んでしまう赤ちゃんの笑顔。

・ビビビッと来る感覚!!!

↑これ、超分かる人にはわかるはず。

 

思わず反応してしまう身体の反応を見ると自分が何に反応しているのかがわかる。
ただ、それと同時に心がどう反応しているのかも見るとよく分かる。
気味が悪かったり、嫌な感じがすると、身体は拒絶反応を起こすようにそもそも出来ている。

身体はウルトラ正直。

身体の反応=心の反応。
心も身体も、表裏一体。
ワクワクが分からなかったら身体の反応を見るべし!