まずはやってみること。

f:id:moto5513:20170611114352j:image

今日何故か早朝の四時頃に目が覚めた。
とりあえずタバコを吸いに行こうとすると、リビングにシェアハウスの友人が座っていた。

暇だからシャドーボクシング

f:id:moto5513:20170611114442j:image
彼の名前は名田さんという。彼は、昨日の夜中に無性にシャドーボクシングがやりたくなり、屋上で一人シャドーボクシングをやっていた。と話す。
私はそういった奇行をする人が好きなので話を聞いた。

名田さん「いや、なんかさ、無性にシャドーボクシングやりたくなってさ。屋上で昨日シャドーボクシングやってたんだよね!」

と楽しそうに話す。

彼はとても細身で身長は165〜6センチくらいの身長。フットワークが軽くシャドーボクシングがとても絵になる。ずいぶん前に西日暮里駅前を2人で散歩していた時にボクシングジムを見かけ、見学に行った事がある。

私はそれほど興味が湧かなかったが、彼は食い入るようにボクシングの練習風景を見ていたことを覚えている。
彼はシャドーボクシングについて語る。

 

名田さん「もし、路上で喧嘩になりそうだったら俺ならどうやって闘うかな?って考えながらシャドーやってたらなんか面白いんだよね〜」

 

軽いフットワークを刻みながら軽快にジャブをしている。私はそれを眺めながらタバコを吸っていた。

さらに彼は語る。

 

名田さん「もし、路上で絡まれたら相手も多分右構えだから左足が前に出てくるじゃん。だから、パンチと見せかけて相手の左足を取ったら勝機あるんじゃないかなー。とか考えながらやってるんだよね。」

 

考えるボクサーだ。

仮説を立てる。

f:id:moto5513:20170611114818j:image

私は、学生時代に柔道部にいたため、格闘技の話になると、妙に血が騒ぐ。
相手と相対する時に仮説を立てながら試合を進めていくスタイルは私もよくやっていたので彼の話には共感ができた。

「こうきたら、こう。こうやったらこうくるかもしれないからこうしてこう。」

などと、一人でイメージを作り上げるのが楽しいのだ。それを試合や練習で試してみてだめだったら更に工夫を凝らす。その繰り返しが人を強くする。

名田さん「でもさ、相手の左足取ってから相手が上からこう来たらどうしたらいいか分からないんだけど、どうしたらいいかな?」

ただ、イメージにも限界がある。イメージでもよく分からないことは実際にやってみることだ。じゃあデモンストレーションやってみますか!的な話になり屋上で謎のスパーリングが始った。

 

名田さん「相手と向かい合ったらまずどこを見るの?」

私「まぁ、口元から手の位置あたりをボヤッと見る感じですかね?」

名田さん「ほう、なるほど。」

名田さん「じゃあもし俺がこう来たらどうする?」

私「こうですかね?」

名田さん「じゃあこう来たら?」

私「こうかな?」

名田「ほう。」

名田さん「じゃあこう行ったらどう?」

私「こう?」

名田さん「ほうほう。」

 

謎に楽しい。(笑)


名田さんはフットワークが軽くテンポが良い。かなりボクシングが向いてるのではないだろうか。スパーリングは更に続く。

私「じゃあ相手が柔道経験者の場合どうします?」

名田さん「いやー掴まれたら終わりだよね。」

私「じゃあちょっとやってみましょう。」

私「例えば首を掴まれたらどうする?」

名田さん「腰引くよね。」

私「でもそのままだと投げられますよね?」

名田さん「じゃあ無理矢理離れる感じ?」

私「そうっすね。間合いを切る感じでまずは首を掴んでる手を切る感じですかね。だからその場合は、こう。」

名田さん「おお!なるほどね!」

 

謎に楽しい(笑)

 

文章では伝わりにくいが、もし、相手に首を掴まれたらどうするのかを朝から謎にやっていた。ただ、意味もなく面白い。

相手と試合をする時に学生時代によく言われたのが「間合い」で、その話を名田さんに伝えた。

 

私「戦う時って間合いがすごい大事なので、自分なりの距離とかが掴めるようになると結構面白いと思うんすよね。」

名田さん「ほうほう。」

私「自分の間合いを取りながら相手に好きなことをさせない感じですかね。」

名田さん「なるほどね。」

 

距離感。

f:id:moto5513:20170611115538j:image

しばらくこうゆう事から離れていたため忘れていたが、普段の人間関係などでも距離感は大事だなぁ。と最近は考えていた。

近すぎる距離では相手との会話が行き詰まってしまうし、遠すぎる距離でも会話が届かない。普段の何気ないコミュニケーションの中にも絶妙な間合いは存在するなぁ。などと考えていた。

あとは、多少のイメージも必要にはなるけれど、いざ何か行動を起こす時はやって見る事だなあと思った。想像力はあくまで頭の中でだけできる事であって実際に自分の身体を使って動く時には余計な想像は逆に不要になる。

まずは、やってみること。

それが大事だなぁ。とスパーリングをしながら考えていた。