人生の転機。

ふと、人生の転機について調べてみた。
人生の転機が訪れるとき何が起こるのか?こんな事が書いてあった。私自身の持論も交えて書いていこうと思う。

1.今まで興味があった事に興味がなくなる。

f:id:moto5513:20170725001010j:image
これは、あぁなるほど!と思った。
人は、日々成長している。太ったり、痩せたり、シワが増えたり、年齢が増加したり。
とりあえず時が経つにつれて何かしらが成長している。
今まで興味があった事に興味がなくなる。というのは成長しているという明らかな証拠だと思う。
言い換えれば、視野が広がった。とも言うべきだろうか。
例えるならば、
猿から人間へと進化してきたように。
子供がハイハイから一人歩きをするように。
補助輪をつけて乗る自転車から補助輪なしで自転車に乗るように。

徐々に、その人が自由に動き回れるように意識が広がってきている証拠だと思う。

だから今まで必要だった事が必要ではなくなり、興味がなくなる。と思った。

2.会話が噛み合わなくなる。

f:id:moto5513:20170725001109j:image
新しい物を見たり聞いたりすると、今まで信じていた事だけが正解ではない。と気づく事がある。

しかし、それを知らない人からすると、ただの怪しい話に聞こえたりもする。

意識の広さなのか狭さなのか、
視野の高さなのか低さなのか
よく分からないが、とりあえず今まで話していた人とは、話が噛み合わなくなる。そして、相手も自分に対して興味がなくなる。
同じ日本語を話しているのに、英語を聞いているような感覚だろうか。
とにかく何から何まで噛み合わなくなる。

古い考えに慣れ過ぎていると新しい考えに違和感を感じる。また、新しい考えに慣れてくると古い考えが鬱陶しく感じてくる。互いに似たり寄ったりだが、次に進むためには必要な過程なのかもしれない。

3.眠くなる。
転機が訪れるとき。やたら眠くなるらしい。
これはあまりピンと来なかったが、冬が明ける前の冬眠とでも言った所だろうか。
脳が一時、情報のシャットアウトを始めてその結果眠くなるのだろうか。
この辺はあまりよく分からなかった。

4.居心地の悪さを感じる。

f:id:moto5513:20170725001155j:image
今まで居心地が良かったのに、居心地が悪く感じる。
興味がなくなる。会話が噛み合わない。眠くなる。と、くればやはり居心地も悪くなる。

運命なのか、宿命なのか、「ここではないよ!」と何かに導かれている。とでも考えておけばいいかもしれない。
私の場合、仕事を辞めて何をするかも決めていなかった時、実家に住んでいたのだが、まぁ居心地は最悪だった。
会話が噛み合うはずもなく、考えを分かり合える訳もなかった。

仙台から東京に出てくる時にはやはり不安もあったが、多分、あそこにはもう居てはいけないのだろうな。と心の何処かで思っていた。

人生の転機。というと大袈裟に聞こえるかもしれないが、今まで必要なものが不要になったり、環境が徐々に変わってきたりもするが、これも成長の過程と捉えてプラスに考えておけばいい。
止むを得ずに離れ離れになる事もあるが、出会いがあれば別れもある。
変わる事を恐れずに、人生の転機を迎えて頂きたい。

f:id:moto5513:20170725001010j:image