運気を一瞬で上げる方法。

言いたい事を言えずに我慢していると、自分の身体が沸騰したように熱くなることがある。
人の思考は強力なエネルギーなので、溜め込むと自分にダメージを与えることになる。
そんな時、私は、自分がイライラしている事に気付いたら、場所を見計らって叫ぶことがよくある。

「ぬぁぁぁーー!!!!」
「おぁぁぁーー!!!!」
「クソが!!タコが!!うぉぉー!!」

と叫んで、一旦チャラにする。笑
思い通りにならない事もやはりある。
だからそれに気付いたら言い争うのではなく、私は一旦外に吐き出す。

これはかなりいい解消法だと思う。
すると、不思議な事に身体が軽くなり明るい気分に自然となる。

人間の感情は喜怒哀楽が回っていると聞いたことがある。
嬉しいことばかりではなく、腹が立つこと、哀しいこと、楽しいことが生きていればいくらでもある。
感情は常に移り変わり循環しているそうだ。陰があれば陽もある。裏があれば表もある。どちらも表裏一体なのだと思う。

捉え方次第で、見え方は変わるとも言われるが、どうしても良い方に解釈できないこともやはりある。出来ない事は無理してやらない事だ。

そんな時は叫ぶのだ。
心のままに叫ぶのだ。

「ぬぁぁぁーー!!!!」
「おぁぁぁーー!!!!」
「クソが!!タコが!!うぉぉー!!」
「つぉーー!!!ゴミめ!!カスが!!死ね!!ファック!!ファック!!クソが!!!」

と、叫びたいだけ叫べばスッキリする。
かなりオススメだ。

よく、自己啓発の類いの本などを読んでいると
「汚い言葉を使ってはいけない。」とか
「悪口を言ってはいけない。」とか
「物事に対する見方を変えなさい。」とか
そんな事が書いてある。
しかし、そうも言ってられない事が誰にだってある。腹わた煮えくり返ってしょうがない時は叫ぶのだ。もしくは無意味に走るのだ。

自分の中に溜め込んではいけない。
溜め込む事が癖になると、普段から出る言葉が暗い陰湿なものに変わってしまうからだ。

それがエスカレートすると、鬱になる。

無意識に溜め込んで心の中で呟いている言葉が口癖になってしまい、自分を呪う呪文のようになる。自分の感情を舐めてはいけない。
そうすると、自分が自分にかけた言葉が知らぬ間に自分を呪う。
八方塞がりのようになり、「なんでこんなことばかり起こるんだ!」と更に自分を責め行き場を見失う。
言いたい事が言えない事が当たり前になると、やはり辛い。

言葉にならなくてもいいから、誰かに分かってもらおうとしなくてもいいから一度吐き出す事をオススメする。

ただのストレス解消法と思って侮ってはいけない。これだけで運気の流れがガラッと変わると私は睨んでいる。