そのままの自分でいる事。

昔からどうもカッコつける事が出来ない。
外見だけの美人とか、金持ちとか、やたら綺麗なお店とか、中身のない会話とか、見え見えの嘘とか、ありきたりな敬語とか、愛想笑いとか、

そうゆう人とか、場所に遭遇すると、途端に息が詰まる。そんな事を最近思い出した。

私は昔からそんなに綺麗な環境で育っている訳ではないので、ちょっと狭かったり、汚かったり、ちょっと抜けていたりする人といる時の方がとても心が落ち着く。

高校では柔道部の汗臭い汚かった部室にいる時がとても落ち着いた。
社会人になって自衛隊にいた時は、山の中の茂みに隠れていた時もけっこう居心地が良かった記憶がある。

今もその感覚はあまり変わらない。

広すぎるリビングは落ち着かないし
小綺麗な街並みもあまり興味がない
綺麗すぎる女性の前では緊張するし
桁外れの金持ちとか、有名な人とかに会うと苦しくなる。

自分を変えたいなら、環境を変えろ。とかいう事をよく聞くんだけど、自分の居心地の良さを消してまで変わろうととはどうしても思えない。

無理して自分を変えようとするから変な事が起きたりするんだと思う。

無理に自分を変えようとするよりも大切な事は「そのままの自分でいる事」だと思う。

今の自分よりも良くなろうとするあまりに、今まで自分が大切にしてきた価値観や友達や環境を無理して捨てる必要は無いと思う。

考えてみれば今の自分を作ってこれたのもその価値観であり、友達であり、環境だ。

だから、無理して手放す必要もそれほど無いと思う。

幼い頃に、自転車に乗る時に、突然補助輪を外された時どんな気持ちだっただろうか。
幼い頃に、一人で初めて電車に乗った時、どんな気持ちだっただろうか。

初めて傷ついた時。
初めて不安になった時。
初めて恐怖を覚えた時。

どんな気持ちだっただろうか。

その時、そばにいた人は、自分が大切にしていたものを突然自分から奪ったりしただろうか。

きっとそんな事はなかったはずだ。

 

 手放す時期が必ず来る。

 

そんな事を突然思った。